こちらでは、ブルーバッファロー社が開発した「ブルー」というドッグフードについての詳細をお伝えします!
「愛犬の健康維持をサポートできる」「免疫力の維持を手助けする」といった特徴があるようですが、本当なのでしょうか?

確かめるために、口コミやSNSを探ってみました!
今回は、「成犬用 チキン&玄米」を参考にしています。
価格や購入方法なども併せてお伝えするので、ぜひご参考ください(๑•̀ㅂ•́)و✧

総合評価

安全性
グレインフリー
無添加
コスパ
犬の体臭&フンの臭い対策
犬の毛並み対策

総合ランク B
総合点数 79点

 

対応ライフステージ

子犬(~1歳未満)
成犬(1歳~)
老犬/シニア(7歳~)

 

ブルーバッファロー【ブルー】について
ブルーバッファロー【ブルー】は、本サイトでBランクのドッグフードです。質の悪い原材料や危険な添加物は使用されていませんでした。ただ、完全な穀物不使用ではないため穀物アレルギーを持ったワンちゃんや初めて使用するワンちゃんは使い始めはしばらく様子を見る事をオススメします。

 

 

 

ブルーの原材料・安全性を調べてみました

アップの犬

ドッグフードはワンちゃんの体を作る大切な栄養源です。そして、健康を維持するためにはフードの質がとても重要!

まずは、ブルーの原材料や成分をチェックし、安全性を確かめてみましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

ブルーの原材料

 

※ピックアップ原材料はオレンジ、好ましくない原材料は青文字で表記

原材料一覧
骨抜き鶏肉、チキンミール、玄米、大麦、オートミール、鶏脂 (混合トコフェロールにて酸化防止)、トマトポマス、エンドウマメ、亜麻仁 (オメガ-3脂肪酸およびオメガ-6脂肪酸源)、チキンエキス、馬鈴薯、アルファルファミール、馬鈴薯でんぷん、乾燥チコリ根、サツマイモ、人参、ガーリック、ユッカ抽出物、パセリ、ケルプ、ブルーベリー、クランベリー、リンゴ、ほうれん草、ブラックベリー、ザクロ、カボチャ、大麦若葉、ターメリック、グルコサミン塩酸塩、乾燥酵母、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵産物、乾燥黒麹菌発酵産物、乾燥トリコデルマ・ロンギブラキアタム発酵産物、乾燥バチルス・サブチルス発酵産物、アミノ酸類 (DL-メチオニン、L-リジン、タウリン、L-カルニチン) 、ミネラル類 (炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、硫酸第一鉄、鉄アミノ酸キレート、亜鉛アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、硫酸銅、銅アミノ酸キレート、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム) 、ビタミン類 (塩化コリン、E、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸、ニコチン酸、パントテン酸カルシウム、ビオチン、A、B1、B2、D3、B12、B6、ベータカロテン、葉酸) 、カラメル色素、酸化防止剤 (混合トコフェロール、ローズマリー抽出物)

 

成分一覧
タンパク質:20.4%以上
脂質:14.0%以上
粗繊維:5.0%以下
水分10.0%以下
灰分:7.0%以下
オメガ6脂肪酸:3.0%以上
オメガ3脂肪酸:0.5%以上
代謝エネルギー:363kcal/100g

注目の原材料

骨抜き鶏肉

鶏肉は、高タンパクで低カロリーという特徴を持ちます。運動に必要となるエネルギーを補うことができ、かつヘルシーな食材なので体重が気になるワンちゃんにもオススメです。また、皮膚や被毛をケアしてくれるコラーゲンが含まれるので、皮膚の健康を維持したり被毛にツヤを出す働きを行ってくれます。

亜麻仁

亜麻仁には、健康的な毛質のサポートを行ってくれるオメガ3と似た働きをする必須脂肪酸が含まれています。

好ましくない原材料

ブルーには、質の悪い原材料や危険な添加物は含まれていませんでした。

 

ブルーについて

ブルーは、アミノ酸のバランスが良い「鶏肉」を主原料として使用しています。高タンパク質で低カロリーなので、必要なエネルギーを摂りながらもヘルシーな食事を摂る事が可能です(*^^*)また、鶏肉は消化吸収も良いので、胃腸への負担を軽減できる素材です。しかも、皮膚・被毛ケアに役立つコラーゲンを含む良質な食材です。

また、皮膚・被毛にツヤを出してくれる亜麻仁も含まれているので、毛のパサつきや皮膚の荒れが気になるワンちゃんにもオススメです。

人工添加物や粗悪な素材は使用していないようなので、安全性が高いドッグフードと言えるでしょう。
また、高アレルゲン食品は使用していないので、安心して与えることができます。
しかし、まれに玄米や大麦といった穀物に対するアレルギーを発症するわんちゃんもいるので、その点は注意してください。
初めて与える場合は、様子を見ながら少しずつ量を増やしていきましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

ブルーでフンの臭いや体臭が改善される?

ブルーでフンの臭いや体臭が改善される可能性はあります。

ブルーの主原料は、消化吸収がされやすい鶏肉を使用しています。消化器に優しいので消化もスムーズになります。

腸内のバランスが正常にキープ出来るので、フンの臭いの軽減に繋がります。また、腸内環境が良くなれば体の中に老廃物を溜め込まないので、体臭の軽減にも繋がります(*^^*)

ブルーで毛並みが良くなる?

ブルーで毛並みが良くなる可能性はあります。

原材料には、鶏肉や亜麻仁が使用されています。鶏肉には健康的な皮膚・被毛をキープしてくれるコラーゲンが含まれています。また、亜麻仁には、皮膚・被毛ケアに役立つ必須脂肪酸が含まれているので、毛並みのパサつきを改善してくれます(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

ブルーの悪い口コミ・評判

ブルーの原材料や成分を分析した結果、質の悪い原材料や危険な添加物は確認できませんでした。ですが、実際に使用してみなければ、フードの品質を本当に知る事は出来ません!

そこで、ブルーに寄せられた口コミを調べ、特に気になるものをまとめてみました。

まずは、ブルーの悪い口コミをご紹介します。購入前に、チェックしておきましょう!

ジップが付いていない…。

友人が絶賛していたので、自分もブルーを買ってみました。
素材も安心で食いつきも良いので気に入っています。
ですが、ジップが無いのが不便!
毎回、輪ゴムで縛っているので大変です…。
ミックス(♀)6歳
食べてくれませんでした。

よく食べると評判なのでとりあえず買ってみましたが、うちの子には合わなかったみたいです。
せっかくお皿に入れたのに、ニオイを嗅いですぐにそっぽを向いてしまいました。
うちの子がこんなにグルメだったとは;
今は元からあげていたドッグフードに戻しています(・_・;)
トイプードル(♂)5歳
他のフードとの違いが分からない

高品質と聞いて購入してみましたが、正直他のフードとの違いが分かりません(*_*;)食いつきも良い感じですが、それだけじゃなくて毛質がやわらかくなった~とか、涙やけがなおった~という効果を実感したいです。
ミニチュアダックスフンド(♂)3歳

ブルーの良い口コミ・評判

次に、ブルーの良い口コミも紹介していきます。

切り替えてもお腹を壊しませんでした!

フードを切り替える際、お腹を壊すことがあったので今回は慎重に選びました!
そしていよいよ切り替え日当日。
私の心配を他所に、こやつはガツガツ食いついていました(笑)
ですがしばらく経ってもお腹を壊す気配はなし。
無事に切り替えることができました!
ペキニーズ(♀)4歳
食いつきの良さにびっくり

ブルーの封を切ったとたん、私の周りをウロウロし始めました。
今までこんなにドッグフードに反応したのは初めてです。
ボウルに入れてあげると、すぐにパクパク食べ始めました。
いつもは仕方なく食べてる様子だったので、今回はびっくりです。
本当に食いつきが良いドッグフードなんですね。
ミックス(♂)6歳
毛艶がよくなったかも

ブルーに切り替えて数ヶ月が経ちました☆
最近気づいたんですけど、毛がつやつやしている気がします(*´ω`*)
手触りもいい感じ♪
質が良いドッグフードって、こんなにも変わるんですね!
ヨークシャーテリア(♀)3歳

ブルーのメリット・デメリット

子犬のにおいを嗅ぐ犬

ブルーには悪い口コミ・良い口コミと、さまざまな意見が寄せられていましたね。

口コミを元に、メリット・デメリットをまとめてみました☆

デメリット

  • ジップ付きじゃないので不便
  • 食べないわんちゃんもいる
  • 特に効果を感じなかった
トリマーの補足

 

品質もよくわんちゃんに良い効果を与えてくれるブルーですが、「ジップが付いていない」というデメリットがあるようです…!
すぐに使い切れるものではないので、それだと保管も大変ですよね(´・ω・`)
その場合は、密閉できるジッパー付きの袋やタッパーを使ってみてください。

また、「食べてくれない」という意見もチラホラ。
わんちゃんの中には、グルメな子もいるので、ブルーを食べないということがあるのでしょう;;

特に効果を感じなかった飼い主さんもいるみたいですね(;'')ドッグフードは毎日食べ続ける事で健康な体を作っていきますので、フードの使用は3ヶ月以上は続ける事をオススメします(>_<)

メリット

  • 切り替えに適している
  • 食いつきが良い
  • 毛並みの維持に役立つ
トリマーのコメント
「食べてもお腹を壊さなかった」「食いつきが良い」など、嬉しい口コミがたくさん見つかりました!
Amazonや楽天でも良い口コミばかりで驚きです(・o・)
また、オメガ脂肪酸のおかげか、「毛並みがきれいになった」という意見も見られました♪
ワンちゃんの好みや体質にもよるかと思いますが、ブルーを使用した事で良い結果に繋がった方がいて安心しました(*^^*)原材料や成分の分析だけでは分からない使用感を口コミから知る事が出来て良かったです♪

 

ブルーのSNS評価は?

SNSにもブルーに関する投稿がいくつかあったので、ご紹介します(*‘ω‘ *)

 

 

 

 

 

 

ブルーの価格!最安値は公式・Amazon・楽天市場?

ブルーはどこで購入できるのでしょうか?
公式サイト・Amazon・楽天を調べてみました!
表で価格も比べてみたので、購入する際の参考にしてみてください。

 

公式サイト Amazon 楽天市場
ブルーバッファロー公式
ブルーバッファローAmazon ブルーバッファロー楽天
初回価格
定期価格
通常価格

1,879円(900g)
3,865円(2.5kg)
7,862円(6kg)

1,878円(900g)
3,864円(2.5kg)
7,860円(6kg)

送料

2,000円以上無料 店舗により異なる

 

 

ブルーは、公式サイトでは取り扱っていないようです。
Amazonと楽天では豊富に取り揃えられていました。
それぞれ比べてみましたが、商品のみの価格だと少しだけ楽天が安いようです。

しかし、店舗や配送する地域によって送料が異なるので、その点も考慮して選ぶ必要があります。

ブルーのドッグフード全種類の特徴・原材料一覧

ブルーは、詳しくご紹介した「成犬用 チキン&玄米」の他にも、原材料別・症状別にフードを展開しているので、ご紹介します。
商品名 特徴
ライフプロテクション・フォーミュラ/チキン&玄米レシピ 骨抜き鶏肉を主原料に、コーン・小麦・大豆は不使用。
ライフプロテクション・フォーミュラ/ 白身魚を主原料に、コーン・小麦・大豆は不使用。
ライフプロテクション・フォーミュラ/ 骨抜きラム肉を主原料に、コーン・小麦・大豆は不使用。
ライフプロテクション・フォーミュラ/ 骨抜き鶏肉を主原料に、コーン・小麦・大豆は不使用の体重管理用フード。
ライフプロテクション・フォーミュラ/ 骨抜き鶏肉を主原料に、コーン・小麦・大豆は不使用の成犬用(超)小型犬用フード。
ライフプロテクション・フォーミュラ/ 白身魚を主原料に、コーン・小麦・大豆は不使用の成犬用(超)小型犬用フード。
ライフプロテクション・フォーミュラ/ 骨抜きラム肉を主原料に、コーン・小麦・大豆は不使用の成犬用(超)小型犬用フード。
ライフプロテクション・フォーミュラ/ 骨抜き鶏肉を主原料に、コーン・小麦・大豆は不使用の体重管理用フード。成犬用(超)小型犬用フード。
ライフプロテクション・フォーミュラ/ 骨抜き鶏肉主原料に、コーン・小麦・大豆は不使用の大型犬・成犬用フード。
KS 腎臓サポート 犬の腎臓病に対応し、適切な量のタンパク質とカルシウム、リン、ナトリウムを含んだ療法食。
HF 食物アレルギーに対する加水分解フード 犬の食物アレルギーに配慮し、特別に調整された療法食。
GI 消化器サポート 犬の消化器疾患に配慮し、特別に調整された療法食。
WU 体重&尿路ケア・サポート 犬の肥満や下部尿路疾患に配慮し、特別に調整された療法食。
KS 腎臓サポート タンパク質、リン、ナトリウムの量を調整することで、愛犬の腎臓の健康をサポートする療法食。
GI 消化器サポート 高消化性の原材料を使用し、プレバイオティック繊維を配合することで、腸内の健康をサポートする療法食。
WU 体重&尿路ケア・サポート 愛犬の体重管理に理想的な脂質と繊維質を含んでいます。ミネラルとアミノ酸のバランスを調整することで、尿路の健康維持もサポートする療法食。
ブルーについて

ブルーのドッグフードを調査した結果、愛犬の健康に配慮して作られたドッグフードだと感じました。質の悪い原材料や危険な添加物は含まれていませんし、愛犬の症状によってフードの種類を選択できるのも嬉しいですね(*^^*)

トウモロコシや小麦は使用せず、低アレルゲンの玄米を使用しているのも好感が持てます。

原材料にこだわって作られているので、価格は少し高めですが、品質の良いフードだと言えます(๑•̀ㅂ•́)و✧

ブルーのよくある質問

ブルーに茶色い粒が混ざっているのですが何でしょうか?
「ライフソースTMビッツ」という、ブルーバッファローの開発した粒です。
抗酸化栄養素やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。
サプリメントのような役割を果たす粒で、米国の獣医師と動物栄養士が選んだ栄養素を含んでいます。
ブルーは通販サイト以外だとどこで購入することができますか?
ブルーは、ペットショップやトリミングサロン、ペットクリニックなどで購入することができます。
正規販売店については、公式サイトにてご確認ください。
ブルーの療法食もあるのでしょうか?
「BLUE Natural Veterinary Diet」という療法食があります。
・GI 消化器サポート
・HF 食物アレルギーに対する加水分解フード
・WU 体重&尿路ケア・サポート
・KS 腎臓サポート
というように、4種類の商品が取り揃えられています。

ブルーはこんなワンちゃんにオススメ!

ブルーに期待できる効果は、以下の6つです。

  • 筋肉の健康維持に役立つ
  • 活発な生活を支えるエネルギー源を補給
  • 骨と歯の健康維持を助ける
  • 関節の健康をケア
  • 健康的な皮膚と被毛を保つ
  • 犬本来の免疫システムをサポート

どれもわんちゃんと飼い主さんにとって嬉しい効果ですね♪

以上の効果が欲しいワンちゃんは、ぜひブルーを試してみてはいかがでしょうか。
愛犬にいつまでも健康でいてほしいと願う方に、おすすめのドッグフードです(๑•̀ㅂ•́)و✧

ブルーの基本情報

 

ブルーの基本情報

ドッグフードの種類 ドライフード
対応犬種 全犬種対応
内容量 900g 2.5kg 6kg
初回価格 -
定期価格 -
通常価格

1,878円(900g)
3,864円(2.5kg)
7,860円(6kg)

※楽天市場参考

原産国 アメリカ
保存方法 直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しいところに保管してください。開封後は、開封口を必ず閉じて、なるべく早く使い切ってください。また、虫が入らないように、しっかり密封してください。
販売会社 ブルーバッファロー・ジャパン株式会社
公式サイト https://bluebuffalo.com/ja/

 

 

 

 

ブルー まとめ

見つめる犬

いかがでしたでしょうか?
ブルーバッファロー社が独自開発した「ライフソースTMビッツ」が配合されており、免疫力や健康維持のサポートをしてくれるブルー。

  • 愛犬の嗜好性や症状に合わせてフードタイプが選べる
  • 質の悪い原材料&危険な添加物は不使用
  • 皮膚・被毛ケアに役立つ原材料を使用

など、嬉しい要素が多くありました。

他にも、ビタミンやオメガ脂肪酸といった栄養成分が、わんちゃんの体に働きかけてくれます。
高品質な素材を使用しているため、安全性もバッチリです(*´ڡ`●)
愛犬に安心して与えられるドッグフードをお探しの方は、ぜひブルーを検討してみてはいかがでしょうか♪

【全126種類徹底調査】2019年版総合ドックフードランキング
  • 主原料
  • 安全性(肉の品質)
  • グルテンフリー
  • 添加物
  • コスパ

の観点でランキングを作成しました。2019年版の総合ドックフードランキングチェックしてみてください!

 

おすすめの記事