更新日:2019年3月15日
この記事は約8分で読めます。

 

毎日楽しく暮らしている中で、突然「ワンちゃんが吐く!」なんてことがあったら驚きますよね。

特にキャバリアなどの小型犬は犬の中でも吐きやすいといわれているので、正しく対処してあげたいもの。

「正しく」というのは、吐く原因にもいろいろあるからです。
原因を読み間違えて、間違った対処をしても吐く問題は解決しません(;´Д`)

今回は、キャバリアが吐くときの、嘔吐物の色と症状をチェックし原因を突き止める方法をお知らせします。

犬が吐く原因とその対策、病院に連れて行くべきか否かの緊急度の判断、そしてキャバリア特有の吐くときに考えられる病気も紹介します(/・ω・)/

対処法を知れば、吐く苦しみから愛犬を開放させてあげることができますよ~!

キャバリアが吐く!まずは嘔吐物の色と症状をチェック

泡に包まれた色鉛筆

キャバリアに限らず、犬は吐きやすい動物なので、しばらくワンちゃんを飼っている経験のある飼い主さんなら、「また吐いているな(;´Д`)」と思うかもしれません。

正しく対処すれば吐く頻度も抑えられるので、まずは吐くときのパターンを把握しておきましょう!

チェックするのは嘔吐物の色と、吐く以外の症状が起こっていないかどうかです。
この2つで病院に連れて行くか様子見でいいかの判断もしやすくなりますよ('◇')ゞ

嘔吐物の色

茶色、赤色(ピンク色)、濃い赤、黄色、緑色、透明、白

以上が嘔吐物の色です。

赤は見た通り、血の色です。
血を吐くのはとても心配なので、どう対処すればいいのか詳しく説明していきますね。

また、黄色い液体は胆汁によるものです。
黄色い嘔吐物を出すとギョッ(*_*)としてしまいますが、黄色い液体を吐くキャバリアちゃんはとても多いんです。

血の色と黄色の嘔吐物については後程詳しく解説していきます。

症状

  • 下痢をしている
  • ぐったりしている
  • ご飯ではなく水を飲んでも吐く
  • 黄疸の症状が出ている
  • けいれんしている
  • 呼吸が乱れている
  • 熱がある
  • 咳をしている

むせたときに咳こんで吐いてしまうこともありますが、咳が続くと心臓病の心配が頭をよぎります。

特にキャバリアは心臓を始めとする循環器に問題が多い犬種なので、「もしかしたら…」と考えてしまう方も多いでしょう。

しかし、単純にむせたから咳をして吐いてしまうこともあります。
「咳・吐く=心臓病」ではないので、しっかり症状は見極めましょう。

キャバリアが吐く場合の緊急度の判断方法

救急箱

症状を上で書いたのは、症状を知っていれば緊急度を見極められるためです。

犬はよく吐くので、飼い主さんも慣れてしまいますが、重大な危険のサインを見逃さないようにしましょう。

ここでは今すぐにでも病院に連れて行った方が良い症状について紹介しますので、判断するときの参考にしてください。

緊急度が高いのは吐く+αがあるとき

嘔吐をしているとき、透明の液体をダラダラと垂らし続けていることがありますが、これはよだれです。

いつもよりもよだれが多い、ずっと垂らし続けているという症状があれば、中毒の可能性があるんです( ゚Д゚)
同じように、咳も気になる+αの症状ですね…。

このように、「なにかいつもと違う」という症状が、吐く行為とプラスされているのであれば緊急度が高いです。

症状から考えられる危険には以下のような原因があります。

吐く+αの症状と原因
+下痢の繰り返し…原因:大腸炎、胃腸炎、膵炎
+けいれん…誤飲による中毒、てんかん
+元気がない…胃拡張、胃捻転症候群

他にも吐くことと同時に気になる症状があれば、すぐに病院に連れて行ってあげましょう><

病院に連れて行く場合に準備するもの

症状があればすぐに病院に連れていってあげた方が良いですが、事前に以下のことを準備しておいてください!
そうすれば診察もスムーズにいきますよ。

病院へ行く前の準備物
  • 中毒が疑わしい場合は犬が直前に食べたもの
  • 嘔吐物
  • 普段飲んでいる薬
  • ドッグフード
メモしておくべきこと
  • なにをどのくらい食べたのか
  • お腹がはっているかどうか
  • いつ吐いたか
  • 嘔吐の回数
  • 体重の増減

参考文献:犬の嘔吐 - 福岡の動物総合病院【ユニベッツ福岡】

キャバリアが血を吐くとき

血管の中を流れる血液

小型犬は体が小さいので、吐いたり食べなかったりするととても心配になってしまいます。

ここからは特に心配な血を吐くときに注目して、原因と対処法を確認していきます。

嘔吐物に血が混ざった場合の対策は、飼い主さんご自身で行なうことは難しいので、病院での診察が必要です。

病気の場合の原因と対策

嘔吐物に混ざる血の色が濃い赤や茶色になった場合は胃潰瘍腫瘍など、消化器系の内臓に重大な疾患が起きていることがあります。

胃潰瘍は、胃の中の消化液で胃自身が分解されてしまい、そのせいで穴が開いてしまった状態です。
胃粘膜が溶けてそれが嘔吐物に混ざるので、鮮血ではなく黒みがかった色になります。

血が混ざっていたとしても量は少ないです。
緊急度は高くありませんが、病院での原因特定のためにも、状態が安定したら病院へ連れて行くことが大事です。

吐いた直後の対策
  • 嘔吐物が気管に詰まらないように頭を下げさせる
  • 水を飲ませない

大量に血を吐いた場合は緊急性が高いです。
すぐに病院に連れていきましょう。

血の色が鮮やかな紅色をしていて泡が混ざっている場合は、喀血といって肺臓に原因がある場合があります。
喀血の場合は呼吸困難が起きていることが多いです。

色によって緊急度やどこに異常があるのかが分かるので、嘔吐物に混ざる血の色は注目しておきましょう。

吐いた直後の対策
  • 呼吸を整えてあげるために安静にさせる
  • すぐに病院に連れて行く

誤飲の場合の原因と対策

嘔吐物にピンク色などの薄い血の色が混ざっている場合は、異物を誤飲して口の中を切っていて、軽い怪我をしている可能性があります。

鮮やかな血の色の場合もありますが、喀血よりも量は少なめです。

飲み込んだのが水や餌の場合はそれほど緊急性はありません。
しかし、キャバリアは散歩の時には要注意なんです。

走って追いかけっこをするよりも、色々な物のニオイを嗅ぎながら屋外を散策散歩することを好みます。

参考文献:キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの特徴と性格・価格相場|犬図鑑|いぬのきもちWEB MAGAZINE

このように、キャバリアは興味があるものを見つけてしまうと、このときに飲み込んでしまう可能性があり、それが大きなものや、農薬や中毒を起こす食べ物だったときは危険です。

口で息をするキャバリア

キャバリアは小型犬に属しますが、気管が中型犬よりも細いので、飲んだものが大きければ食道を切ってしまうことがあるかもしれません。

異物が内臓を傷つけることも考えられるので、誤飲の場合に血を吐いているのであれば、できるだけ早めに病院に連れていきましょう。

吐いた直後の対策
  • 異物を無理に吐かせようとしない
  • 飲み込んだものがどんな状態か確認する

キャバリアが黄色い液を吐くとき

黄色い液は何かというと、「胆汁」なんです。
嘔吐物の色で緑もありましたが、これも実は胆汁です。

色が透明や白などの胃液が原因のものであればそれほど心配しませんが、黄色い胆汁を吐くことは、何か異常が起こっているのかと思ってしまいます。

しかし、それほど心配はいらないですし、飼い主さん自身で対策できることもあるので紹介しますね。

朝に吐くのはお腹が空いているから

黄色い胆汁を吐く場合、未消化の餌は含まれていません。

しかも吐くのは決まって朝、というパターンが多いです。

胆汁は肝臓で作られ、胆嚢に貯蔵されます。
十二指腸内に分泌され、腸内に運ばれてきた食べ物が胆汁で消化されるのです。

犬の内臓の構造

引用:『胆嚢』ってご存知ですか? | イデア動物病院

しかし、空腹時間が長いために、胆汁が食道を逆流してしまうことがあります。

腸内に何もない状態、お腹が空いているときに吐くので、夜の食事前にも起こります。

じつはこの黄色い胆汁を吐くのは「胆汁嘔吐症候群」という名前もついているんですよ(/・ω・)/
癖になると何度も吐いてしまうワンちゃんが多いので、「症候群」となっているのかもしれませんね…。

症候群とはいっても、手術や投薬などは必要ありません。

対処法

ドッグフードを入れる皿

病院でも、「夜に寝る前にもう一度フードをあげましょう」、という指導が行なわれるのが一般的なようです。

もしワンちゃんの食事回数が1回なのであれば、空腹の時間が長いために胆汁を吐いている可能性が高いです。
解決のためには食事を2回に分けましょう。

キャバリアのような小型犬は、一度に多くの量の餌を食べることができずに吐くことがあるので、食事を2回に分けることで体を気遣ってあげることもできますね。

2回にするといっても、1日の給与量は同じです。
黄色い胆汁を吐くからといって多くあげてしまうと、肥満になってさらに重大な病気になってしまうことがあるので気をつけてくださいね!

特に心臓病になりやすいキャバリアは肥満が大敵なので要注意です。

もしそれでも嘔吐を繰り返すのであれば、胃運動改善薬を投与することもあります。

胆汁嘔吐症候群の病院での治療
  • 食事療法の指導
  • 食事療法で改善しない場合は胃運動改善薬を投与
  • 改善がみられない場合は基礎疾患を考慮

キャバリアが吐くときに気をつけたい病気

そもそも、犬は食事を丸呑みし、未消化の餌をよく吐く動物です。

そのことも踏まえて、吐くときの症状と嘔吐物の様子から気をつけたい病気を考えていきます。

ここではキャバリアに注目して、キャバリアで心配な心臓病と短頭種に多い幽門部狭窄という病気についてみていきます。

キャバリアは吐きやすい犬種

吐きやすい犬の中でもさらに吐きやすいのが、「短頭種」に属するワンちゃんたちといわれています。

犬の頭部比較

引用元:犬の鼻と嗅覚・完全ガイド~構造・機能から鼻を生かした仕事まで図解 | 子犬のへや

短頭種のワンちゃん達・・・・フレンチ・ブルドッグ、ボストン・テリア、ボクサー、パグ、シーズー、チベタン・スパニエル、チャウチャウ、 狆(ちん)、ブルドッグ、ペキニーズ、ブリュッセル・グリフォン、キングスチャールズ・スパニエルなど

引用元:短頭種のワンちゃん達のことを知ろう!! | ワンちゃんの暮らし(暮らしの豆知識) | どうぶつ親子手帳

キングスチャールズ・スパニエルとは今のキャバリアよりも一回り小さなサイズの犬ですが、キャバリア・キングスチャールズ・スパニエルはこの流れを汲んでいます。

他の犬よりも鼻(マズル)が短い愛らしい姿をしていますが、マズルが短いため呼吸によって熱を逃がすのが苦手です。

マズルが短いと呼吸もしづらいので、息苦しくなり吐きやすくなってしまうんですね。

心臓病

心音のグラフを現したイラスト

咳の症状があるとき、喉に水や食べ物が入り、それが吐くのに繋がることがあります。

キャバリアは特に、僧帽弁閉鎖不全症にかかりやすいので、「吐く+咳」の症状が現れたら気をつけたいものです。

特に日本で人気の小型犬は、循環器の病気にかかりやすい傾向にあります。12歳での罹患率がシー・ズーやポメラニアンで30%以上、チワワで40%、マルチーズで50%を超え、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルに至っては60%を超えます(JASMINEどうぶつ循環器病センター調べ)。

参考文献:愛犬の命を奪う弁膜症とは何か

心臓をスムーズに動かし血液を逆流させないための弁膜が、この病気にかかるとうまくはたらかなくなってしまうのです。

うまく血液を送り出せなくなる心臓はその代わりに懸命になって心臓を動かします。
そのうち筋肉が疲労し、心臓が大きくなり、肺水腫も併発してしまうのです。

咳をするワンちゃん全てが心臓病というわけではないので、以下のような症状がないかチェックしてください。

僧帽弁閉鎖不全症の症状
  • 「ザーッ」などの心雑音が現れる
  • 心拍数が小型犬で1分80回以上
  • 安静時の1分間の呼吸数が30回以上
  • 食欲がなくなる
  • 咳がある
  • 脱毛がある
  • 唇や舌の粘膜が紫になる
  • 散歩の途中で座り込む

以上のような症状が現れた場合、必ず動物病院で検査をしてもらいましょう。

僧帽弁閉鎖不全症の治療法といえば以下のものがあります。
診断を受けた後は医師と相談しながらワンちゃんに合った治療法を検討していくことになります。

僧帽弁閉鎖不全症の治療法
  • 心臓肥大を抑える薬の投薬
  • 不整脈改善のための薬の投薬
  • 外科的治療

幽門部狭窄

胃の出口には幽門部という部分がありますが、異常が起きてこの部分が狭まることがあります。
そうなると胃の内容物がうまく腸に流れなくなってしまい、吐いてしまいます。

これは人間の胃ですが、幽門部の位置が分かるように記載します↓

胃の各部位

引用元:幽門(ユウモン)とは - コトバンク

症状が悪化すると栄養がうまく摂取できなくなってしまうので危険です。

短頭種が遺伝的にかかりやすいといわれています。
その中でも、ボストンテリアやブルドッグなどの体の大きなタイプ、体の小さなタイプだとシーズーは幽門部異常が起こりやすいです。

とはいっても、キャバリアが好発犬種というわけではないので安心してください。
ただ、幽門部狭窄にかからないという保証はどの犬にもないので、症状だけはチェックしておきましょう。

幽門部狭窄の症状
  • 慢性的な吐き気
  • 様々な嘔吐物(未消化、黄色い液、白い泡、消化された泥状の嘔吐物)
  • 体重減少
  • 脱水
幽門部狭窄の治療法
  • 吐き気止めの薬の投薬
  • 胃の機能を改善する薬の投薬
  • 食事量を減らす
  • 脱水改善のための点滴
  • 幽門筋層切開術
  • 幽門形成術
  • 胃十二指腸吻合術

キャバリアが吐くのを防止するその他の対策

吐く原因は誤飲や空腹が続くこと、病気が原因ということが分かりました。

ワンちゃんが吐くのはその他にも、消化不良、乗り物酔いが原因となることがあるので、以下のような対策をしてあげると良いですよ('◇')ゞ

消化に良いものを食べさせる

食べてもその食べ物が消化不良を起こしてしまうと吐くことがあります。

そのため、消化しやすいように一度に大量に食べさせないようにしましょう。

また、食べ物に対しアレルギーがある場合も消化不良を起こします。
最近ではグレインフリーや肉の種類にこだわった、消化に良い高品質なドッグフードも多く出ているので、普段あげているドライフードから見直してみるのもいいですよ!

玉ねぎなどの犬に与えてはいけないものはもちろん、人の食べるものも禁止です((+_+))

犬に与えてはいけない食べ物については以下の記事でまとめています↓

草を食べさせない

よく吐く動物とはいっても、吐く行為は体に負担をかけてしまいます(´;ω;`)ウゥゥ

ワンちゃんも猫ちゃんも草を食べる癖がある子がいますが、草を食べる理由は分かっていません。

草には除草剤が撒かれていることもあるので、なるべく食べさせないようにしましょう!

乗り物に乗るときは対策する

ワンちゃんも車酔いをすると吐いてしまいます。

特に食後や空腹時に車に乗せると、胃液を吐いたり未消化の食べ物を吐いたりするので、なるべく食間に車に乗せるようにしましょう。

小さめのキャリーバッグに入れるのもオススメです。

ペット用キャリーバッグ

引用元:Amazon | Amazonベーシック ペットキャリー ダブルドア Mサイズ

まとめ

2匹のキャバリア

犬、特にキャバリアが吐く場合の嘔吐物の色について考えてきました。

  • 血を吐く場合は誤飲や病気が考えられる
  • 血を吐く場合は重病度・緊急性が高いのですぐ病院に連れて行く
  • 黄色い液体を吐く場合は空腹の時間が長いことが考えられる
  • 黄色い液体を吐く場合は食事の回数を増やす
  • 咳や他の症状がみられるときも緊急度が高い

血の色と黄色の嘔吐物や症状から分かる原因を調べたところ、以上のことが分かりましたね(/・ω・)/

自分で対処できる吐く症状もあれば、病院でしか治療できない吐く症状もあります。
病気と思うと判断が難しいかもしれませんが、嘔吐物の色と症状をチェックするだけでも正しい対応ができるんですね。
嘔吐物の色や症状の原因さえ見分けるようになれば、心臓病も胃腸の病気にも早く気づいて治療してあげられます!

気になる症状を見逃さず、ワンちゃんといつまでも長くハッピーに暮らしていけたらいいですね(^^♪

 

こういった症状は、ドックフードで改善することがあります。

キャバリアにおすすめのドックフードはこちら↓↓

 

参考文献一覧
喀血と吐血について…秋山どうぶつ病院
胆汁嘔吐症候群について…平井動物病院
僧帽弁閉鎖不全症について…JASMINE どうぶつ循環器病センター
【全126種類徹底調査】2019年版総合ドックフードランキング
  • 主原料
  • 安全性(肉の品質)
  • グルテンフリー
  • 添加物
  • コスパ

の観点でランキングを作成しました。2019年版の総合ドックフードランキングチェックしてみてください!

 

おすすめの記事