更新日:2019年3月19日
この記事は約10分で読むことができます。

ワンちゃんと一緒に暮らしている方にとって、ワンちゃんはかけがえのない家族。

そんな家族にはいつまでも元気でいてほしいと思うものですよね。

そのために、ドッグフードはできるだけ安全なものを選びたいという方も多いのではないでしょうか。

しかし、数多くあるドッグフードの中から安全性の高いものを選ぶのは大変です。

 

そこで今回は、安全性も高くワンちゃんの健康をサポートするのにも効果的な「ブッチ ドッグフード」をご紹介します。

ブッチの原材料からみた安全性、口コミやSNSでの評判、お得な購入情報についてまとめています。

ブッチならワンちゃんがいつまでも元気で過ごせるようサポートできますよ。

 

商品名の総合評価

安全性
グレインフリー
無添加
コスパ
犬の体臭&フンの臭い対策
犬の毛並み対策

対応ライフステージ 子犬・成犬・老犬
総合ランク A
総合点数 94点
ブッチ ドッグフードについて
ブッチはヒューマングレードの原材料のみを使っていること、副産物や添加物などが入っていないなど、品質の高さから総合評価をAランクとしています。
レトルトフードなので、噛む力が弱いワンちゃんや消化機能が落ちたシニア犬でも無理なく食べることができ、充分に栄養を摂取できることも魅力の一つです。
ただ、これだけ品質が高いこともあってお値段は高めですので、コスパを重視する場合には他のフードと混ぜて使うのがおすすめです。

 

ブッチ ドッグフードの原材料・安全性を調べてみました

まずはブッチの原材料と成分をみていきましょう。

ドッグフードの原材料として好ましいものはオレンジ、あまり好ましくないものがある場合には青で表記していきます。

原材料一覧
ビーフ(生)33%、ラム(生)25%、チキン(生)18.5%、大豆 8.5%、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)7.7%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)2.5%、玄米(破砕・ゆで)2.3%、魚油(オメガ3脂肪酸)1.3%、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、ビタミンB1[チアミン]、ビタミンB2、ビタミンB3[ナイアシン]、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸カルシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、塩化コリン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)0.1%、ケルプ(海藻)0.1%
成分一覧
※粗タンパク質10.5%以上、粗脂肪8.0%以上、粗繊維1,0%以下、粗灰分3.1% カロリー121.4kcal/100g

ブッチ ドッグフードの原材料の品質について

ブッチで使われている原材料の中で特に品質が心配なものはありませんでしたので、特に品質が良いと思われる原材料をピックアップしてご紹介します。

ビーフ(生)、ラム(生)、チキン(生)

ドッグフードの中には、コストを抑えるために、本来捨ててしまうような部位が混ざった「肉副産物」が使われることもありますが、ブッチに肉副産物は使われていません。

また、生肉を使うことで自然本来の栄養をを余すことなく摂取できるため、品質・安全性どちらにおいても安心してワンちゃんに与えることができます。

そして、生肉を使用したレトルトフードなので食材本来の風味を楽しむことができ、ワンちゃん達の食いつきもいいでしょう。

ブッチ ドッグフードのグレインフリーと添加物について

次はブッチに使用されている穀物や添加物について気になるものをみていきます。

穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)
通常、トウモロコシ種子はワンちゃんにとって高アレルゲンとなりやすい原材料なので、ワンちゃんに与えるものとしては好ましくありません。
しかし、ブッチで使われているトウモロコシ種皮はアレルゲンとなるタンパク質「グルテン」が除去されていますので、アレルギーなどの心配がほとんどありません。
凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)
添加物はワンちゃんの体に負担をかけてしまうため、あまり使われていないドッグフードが好ましいと言われています。
しかしブッチで使われいてる凝固剤は、ワンちゃんの健康に配慮された安全性の高いものばかりです。
昔の情報で凝固剤は発ガン性リスクが高まると言われていましたが、近年の研究では発ガン性はないと報告されているので心配しなくて大丈夫でしょう。
大豆

アレルゲンとなるリスクは低いですが、大豆でアレルギーを起こす可能性も少なからずあります。

特に穀物アレルギーをもっていないようであれば心配はないのですが、穀物アレルギーをもっているワンちゃんに与える場合には注意が必要です。

ブッチ ドッグフードのコスパについて

ペットフードにかける1ヶ月の平均価格が約4,500円と言われています。

それに対して、ブッチを1ヶ月与えた場合の平均価格は約12,630円と、かなり割高になってしまいます。
※体重5kgの小型犬の場合で算出

原材料の品質や種類にもこだわって作られているので、通常のペットフードに比べるとどうしても割高になってしまいます。

品質と価格のバランスを重視したいという方にはあまりおすすめではありませんね。

しかし、とにかく品質にこだわった食いつきの良いドッグフードを探しているという方にはおすすめです。

定期コースやまとめ買いで送料を浮かせるのもコスト対策におすすめですよ。

 

コストを考えた取り入れ方は?

ドットわん_パグ

高いコストといわれるブッチでも、100g当たりの量なら158円程度(※800gにて計算)です。

1食まるまるブッチだと高くなりますが、トッピングなら問題なし!

特に、食事量の多い中型犬~大型犬を飼っている方はトッピングとして取り入れると良いでしょう。

食が細く食いつきが良くない時や、お腹の調子を安定させる時にも効果的です。

  • 水分が多いので消化負担が少ない
  • アレルゲン対策がされている
  • 生肉成分が多いので消化しやすい

 

ブッチはこれらの特徴から、シニアや食の細くなったワンちゃんの食欲増進トッピングにも取り入れられているんです。

 

「どうしてもドッグフードを食べてくれない・・・」

そんなお悩みを解決する一手になるかもしれませんね。

定期コースやトライアルセットは比較的安く手に入るので、気になっている方はこの記事の価格情報もチェックしてみてくださいね!

 

ブッチ ドッグフードでフンの臭いや体臭が改善される?

ワンちゃんのフンの臭いや体臭の原因は腸内環境が悪いことにあります。
植物性のタンパク質や添加物の消化がワンちゃんは得意ではないので、これらを摂取すると消化に時間がかかり食物が腸内に長く留まります。
すると、ガスが発生したり、腐敗してしまったりして腸内環境が悪くなってしまいます。
しかし、ブッチには腸内環境を悪くしてしまうような植物性タンパク質や添加物が入っていません。
そのため、今まで植物性タンパク質をメインとしたドッグフードを食べいてたワンちゃんはもちろん、多くのワンちゃんがフンの臭いや体臭の改善を実感できるでしょう。

ブッチ ドッグフードで毛並みは良くなる?

ワンちゃんの毛並みを整えるには、動物性タンパク質に含まれる必須脂肪酸が必要です。
ブッチには多くの動物性タンパク質が使われているので、充分に必須脂肪酸を摂取することができるでしょう。
そのため、毛並みを整える効果にも期待ができます。

ブッチ ドッグフードはこんな犬にオススメ!

犬 床 ネオン

ブッチを調査してみた結果、以下の場合におすすめできることが分かりました。

  • 体臭や口臭、フンの臭いを改善したい
  • 毛並みを整えたい
  • 健康に気を遣っている
  • 品質・安全性の高いドッグフードを探している
  • 食いつきの良いドッグフードを探している

ブッチは良質な動物性タンパク質が含まれているので、臭い対策をしたいワンちゃんや毛並みを整えたいワンちゃんにおすすめです。

また、品質や安全性だけでなく嗜好性が高いので、なかなか食いつきのいいドッグフードに出会えないという方にこそ試してほしいドッグフードです。

ブッチ ドッグフードの口コミ・評判

「食いつきが全然違う!」という嬉しい悲鳴が多い様子ですね!

冷蔵・冷凍保存できるのでチルドフードの賞味期限が気になる方にも安心して始められそう(*´ω`*)

「人間から見ても美味しそう」って声の多いブッチですが、実際に塩コショウを振って焼いて食べてみたという方もいるようです(@_@)

ヒューマングレードだからこそできることですよね・・・!

ブッチ食べない?!食べない理由とは?

横になる犬

しかし検索してみると「ブッチ 食べない」という結果もありました・・・。

  • 警戒して食べない
  • 人間の食べ物や、香料付きのドッグフードをずっと与えていた
  • 食べたけど1日目に下痢・残す

 

これらは「半生タイプのフードを与えたのが初めて」という家庭で起こりやすい反応です。

*いつものニオイをプラスして警戒心を減らす。

ニオイが違うので安心できないワンちゃんには、いつものフードにトッピングから始めてみましょう!

徐々に続けていくと慣れていくことでしょう。

 

*下痢をするときは与え方と成分のアレルギーがないかチェック

下痢をしてしまうときは、ドライフードと半々から開始。

それでも下痢が続くようなら、ワンちゃんにアレルギーがある製品を与えていないかチェックしてみてくださいね。

 

ブッチはグルテンのアレルゲンに配慮していますが、穀類・大豆を含んでいます。

体に合わないワンちゃんには与えないようにしましょう。

 

ブッチ ドッグフードの口コミ・評判まとめ

チェック項目

口コミを見てみると悪い評価をしているものはほとんどなく、高評価の口コミばかりでした。

中でも特に多かった意見としては、「食いつきがいい」というものです。

今までで1番食いつきが良かったという投稿もあるほど、食いつきの良さを多くの人が実感できているようです。

ブッチは添加物で嗜好性をアップさせているのではなく、食材本来の風味に近づけることで嗜好性をアップしているので、安心して与えられることは大きなメリットと言えるでしょう。

 

ブッチ ドッグフードの価格!最安値は公式・Amazon・楽天市場?

ブッチを1番お得に購入する方法について調べてみました。

取扱店舗にはどのようなところがあるのでしょうか?

詳しくみていきましょう。

公式サイト Amazon 楽天市場
初回価格 3,000円(3本セット/専用キャップ付き)
定期価格 800g 1,263円
2kg 2,527円
通常価格

800g 1,404円
2kg 2,808円

800g 1,404円
2kg 2,808円

送料 6,480円以上で無料 5,000円以上で無料

公式サイト、Amazon、楽天の3つを比較してみたところ、Amazonでは現在取り扱いがないようです。

楽天でも通常価格とあまり大差がない金額で購入できます。
しかし、公式サイトからの定期購入の方が安い価格で購入できることがわかりました。

 

もっと安くブッチをお試しできる方法がある!?

ブッチ公式トライアルセット

引用元「butch・ジャパン」公式サイト

公式サイトからの初回購入では、3本セットで3,000円とかなりお得にゲットできるようです。

なんと初回のトライアルセットなら3種類のレーベル(800g)が3,000円で試せるんです。
送料無料なので、1本1000円でさらにキャップ付き・・・!

食べるかどうかまずチェックしてみるつもりで申し込んでみても良いですね!

 

そのほか取扱店舗としてはイオンペットや犬ごころなどの一部店舗でも取り扱っていますが、店舗数はそう多くはありません。

「トライアルセットが試したい」という方や、「確実に手に入れたい」と考えるならネット通販や公式が良さそうです・・・。

 

公式サイトからお得に購入する方法についてもまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ブッチ ドッグフードは公式サイトからの購入がお得!

お得な初回購入や定期購入とは?

初回購入について

ブッチ公式サイトで初めて購入する場合には、3種類のブッチを3,000円で購入することができます。

フレッシュキャップ付きで送料も無料なのでかなりお得です。

定期購入について

定期購入では毎回10%オフの1,263円で購入することができます。

また、通常ドッグフードの定期購入では「◯回までの継続が条件」などのように、定期縛りが設けられています。

しかしブッチの定期購入には定期縛りがなく、いつでも休止・変更・解約を行うことができます。

お届け周期は2周間、1ヶ月、2ヶ月から選ぶことができます。

支払い方法は?

ブッチの購入は「インターネットからの注文」と「電話・ファックスでの注文」の2種類があります。

インターネットからの注文の場合にはクレジットカード払いと代金引換の2つから選べます。

電話・ファックスでの注文の場合には代金引換での支払いのみとなります。

 

クレジットカード払いでは手数料は不要ですが、代金引換の場合には手数料がかかってきます。

商品代金 代引手数料
~10,000円 324円
~30,000円 432円
~100,000円 648円

返品・交換はできる?

商品到着から7日以内に電話で連絡すれば、未開封の商品のみ返品できるようです。

交換に関しては、商品間違い・商品の破損・汚損があった場合には対応してくれるようですが、お客様都合での交換はできないそうなので注意してください。

ブッチ ドッグフード全種類の特徴・原材料一覧

ブッチ ドッグフードライン

商品名 特徴
ブッチ ブラックレーベル ブッチのメジャーなレーベル。ビーフ・ラム・チキン配合で食欲が落ちぎみのワンちゃん向け。
ブッチ ホワイトレーベル 消化器系や皮膚が敏感で赤身肉が苦手なワンちゃん向け。
ブッチ ブルーレーベル 新鮮なチキンとフィッシュを主原料としたフード。肉と魚をバランスよく食べたいワンちゃん向け。

ブッチで作られているドッグフードはどのラインナップも原材料は全てヒューマングレイドです。

それぞれのドッグフードに特徴を出すことで、多くのワンちゃんに適したラインナップとなっています。

また、どのラインナップも全犬種・全年齢対応なので、ワンちゃん好みのドッグフードを選んであげることができます。

ブラックレーベル原材料一覧

ブラックレーベルの成分を一覧をチェックしてみましょう。

ブラックレーベル原材料

ビーフ(生)33%、ラム(生)25%、チキン(生)18.5%、大豆 8.5%、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)7.7%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)2.5%、玄米(破砕・ゆで)2.3%、魚油(オメガ3脂肪酸)1.3%、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、ビタミンB1[チアミン]、ビタミンB2、ビタミンB3[ナイアシン]、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸カルシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、塩化コリン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)0.1%、ケルプ(海藻)0.1%

引用元:「Butchジャパン公式サイト」より引用

ホワイトレーベル原材料一覧

ホワイトレーベルの成分・原材料一覧はこちら。

ホワイトレーベル原材料

チキン(生)80%、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)7.5%、大豆 4%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)4%、玄米(破砕・ゆで)2%、魚油(オメガ3脂肪酸)1.3%、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、ビタミンB1[チアミン]、ビタミンB2、ビタミンB3[ナイアシン]、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸カルシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、塩化コリン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)0.1%、ケルプ(海藻)0.1%

引用元:「Butchジャパン公式サイト」より引用

ブルーレーベル原材料一覧

ブルーレーベル原材料、成分の一覧はこちら。

ブルーレーベル原材料

チキン(生)67%、フィッシュ(全体/ムロアジ等)25%、玄米(破砕・ゆで)3.5%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)2%、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、魚油(オメガ3脂肪酸)1%、パセリ 0.2%、ケルプ(海藻)0.1%、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、ビタミンB1[チアミン]、ビタミンB2、ビタミンB3[ナイアシン]、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸カルシウム、タウリン、カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、塩化コリン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)0.1%、ユッカ 0.1%

引用元:「Butchジャパン公式サイト」より引用

グレインフリーではありませんが、高アレルゲンのグルテンフリー・大豆の加工などが行われています。

成分の凝固剤もお菓子などに使われているものがほとんどなので、比較的安心して与えられるフードといえるでしょう。

ブッチ ドッグフードのよくある質問

注文は何時から何時まで受け付けていますか?
インターネット、ハガキ、ファックスでの注文は24時間受付しているようです。電話での注文・問い合わせは月曜〜金曜の10:00〜17:30の対応となるようです。(土日祝・夏季休暇・年末年始は休み)
注文内容を確認することはできますか?
正常に注文が完了している場合には注文完了メールが届きます。そのメールからマイページに飛べるので、マイページの「お届け情報の確認・変更」から確認できます。
1度だけ定期コースを利用することもできますか?
1度のみのご注文だと、通常価格での購入になるようです。

ブッチ ドッグフードの基本情報

ブッチの基本情報

ドッグフードの種類 チルド・ミートフード
対応犬種 全犬種・全年齢対応
内容量 800g、2kg
初回価格 3,000円(3本セット)
定期価格 800g 1,263円
2kg 2,527円
通常価格 800g 1,404円
2kg 2,808円
原産国 ニュージーランド
保存方法 高温・多湿を避け、できるだけ涼しい場所で保管するようにしてください。また、開封後はなるべく早めに使い切るようにしてください。
販売会社 株式会社ブッチ・ジャパン・インク
公式サイト http://www.butch-japan.jp/

ブッチ ドッグフード まとめ

ブッチについて調査した結果

  • 原材料全てヒューマングレイドで安全性が高い
  • 嗜好性が高くワンちゃんの食いつきがいい
  • 品質に見合った価格

などの特徴があるドッグフードということが分かりました。

 

どんなに安全性が高いものであったとしても食べてくれなければ意味がありません。

しかし、ブッチは安全性が高いだけでなくワンちゃんたちの食いつきも抜群です。

品質に見合った価格なので割高ではありますが、初回購入や定期購入を利用すればリーズナブルに購入することもできます。

ブッチを購入している犬仲間と共同購入して送料を浮かせるのも手になりますね(*´ω`*)

 

ワンちゃんの健康を第一に考えているのであれば、ぜひ積極的に食べさせてあげてほしいドッグフードです。

ワンちゃんが元気でいられるよう、ブッチで健康サポートをしてあげてくださいね。

その他目的別のランキング記事はこちら

通販サイトで購入できるドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

安全性を重視したドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

安全性重視のドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

国産無添加のドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

グレインフリーのドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

オーガニックのドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

毛並み改善効果のあるドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

ダイエット効果のあるドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

ドライフードのおすすめドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

ウェットフードのおすすめドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

犬の便秘予防に効果があるドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

アレルギー対策にピッタリなドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

涙やけ用のドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

皮膚病に効果のあるドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

口臭トラブルの解消にぴったりなドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

子犬におすすめ用のドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

シニア犬用のドッグフードをお探しの方は
↓↓↓

【全126種類徹底調査】2019年版総合ドックフードランキング
  • 主原料
  • 安全性(肉の品質)
  • グルテンフリー
  • 添加物
  • コスパ

の観点でランキングを作成しました。2019年版の総合ドックフードランキングチェックしてみてください!

 

おすすめの記事