更新日:2019年1月24日(木)

この記事は約8分で読むことができます♪

ワンちゃんの健康な体作りには、毎日の食事が欠かせません。ですが、愛犬の食欲が落ちてしまえばその栄養すら摂ることが出来なくなります(+_+)

でも、ワンちゃんの食欲が落ちてしまうのは珍しくないんです。特に、フレンチブルドッグは食欲が落ちやすい犬種と言われています。

そこで今回、「フレンチブルドッグがご飯を食べずに心配」と悩める飼い主さんに向け、3つの原因とそれを解決する方法をご説明します。

この記事を読めば、愛犬の食欲が元に戻りますよ(๑´ڡ`๑)♪

フレンチブルドッグがご飯を食べずに悩んでいる飼い主さんはぜひご参考下さい♪

フレンチブルドッグがご飯食べない原因

通常、ワンちゃんは2日間ご飯を食べずに過ごしても問題ないと言われていますが、それ以上食べなくなると不安ですよね(TT)

しかも、普段食いっぷりが良いワンちゃんがご飯を食べなくなると不安です。特にフレンチブルドッグは本当に美味しそうに食べるので、食欲が落ちると飼い主さんは落ち着かないですよね。

先程、フレンチブルドッグは食欲が落ちやすい犬種だとお伝えしましたが、その理由を詳しくご説明します(๑•̀ㅂ•́)و✧

フレンチブルドッグは食欲が落ちやすい体

フレンチブルドッグ疲れている

フレンチブルドッグはどうして食欲が落ちやすい体か…それは「短頭種」だからです。

短頭種は、気管がせまく、消化器が短いという特徴があります。この事で、色んなトラブルが起こりやすいんです。

鼻ぺちゃなところがフレンチブルドッグのトレードマークで可愛いですが、実はこれがご飯を食べない原因なんです(´・ω・`)

フレンチブルドッグがご飯を食べない原因は、次の3つφ(.. )

①フードによるもの

フレンチブルドッグは消化器官が短く吐きやすい。そのため、ご飯を食べない事もある。

②環境によるもの

呼吸器に問題があるため、夏は体温が上がり、呼吸が荒くなってしまう。その結果、食欲不振になってしまう。

③病気によるもの

フレンチブルドッグが生まれつき持った顎の形により、病気にかかるリスクがある。

フレンチブルドッグがご飯を食べない原因はもともとの体の作りだったり、環境によるものなど理由はさまざまです。

長らくご飯を食べない、吐く、元気がない場合は動物病院へいく事をおすすめしますが、「何が原因か分からない」「食べなくなってから時間はそんなに経っていない」という場合は、次の3つの原因によるものか判断してみて下さい(๑•̀ㅂ•́)و✧

フレンチブルドッグに適したフードや環境、日頃のケアも知れますよ♪

 

☆フレンチブルドッグが吐く理由を詳しく知りたい飼い主さんは、以下の記事をご参考下さい。

 

1.フードが原因の場合

骨を掴むフレンチブルドッグ

ご飯を食べない原因として、1つめにあげられるのがフードです。

フレンチブルドッグに合ったフードを選ぼう

ドッグフードはワンちゃんの主食で、毎日口にするものです。フードとの相性が悪いと、食欲が落ちてしまいます。

フレンチブルドッグにはフレンチブルドッグに合ったドッグフードを選んであげましょう。では早速、どんなフードが適しているかご説明します(๑•̀ㅂ•́)و✧

フレンチブルドッグに合ったドッグフードは、次の3つのポイントを押さえましょう☆

①小粒サイズを選ぶ

フレンチブルドッグは消化器官が他の犬種に比べてとても短くなっているため、消化不良を起こしやすいです。

フードの消化がしっかり行われない事で吐き戻してしまい、胃腸に負担がかかると食事をする元気もなくなってしまいます(TT)また、フレンチブルドッグは気管がせまくなっているのも特徴です。なので、飲み込みやすく消化もしやすい小粒サイズのドッグフードを選んであげましょう。

②低アレルゲンを選ぶ

アレルギーが起こりやすいフードと言われるのが、穀物類です。中でも特に避けて欲しいのが、トウモロコシと小麦!アレルギーを発症すると、消化不良や下痢と言った症状が現れます。

アレルギーが発症するかどうかはワンちゃんによって異なりますが、始めから避けておけば発症のリスクが防げます(๑•̀ㅂ•́)و✧

フレンチブルドッグはアレルギー性の皮膚炎にかかりやすい犬種でもありますから、低アレルゲンのフードを選んで対策を行ってあげましょう(*^^*)

③低カロリーを選ぶ

フレンチブルドッグは食欲旺盛なワンちゃんで、鼻を鳴らしながらご飯をフガフガと食べる様子がとっても愛らしいですよね(*^^*)

ですが、フレンチブルドッグは肥満になりやすいので、欲しがるままにフードを与えると太ってしまいます。なので、カロリーを抑えめにした低カロリーのドッグフードを選んであげましょう。

フレンチブルドッグに適したフード量を与える

ドライフード

フレンチブルドッグは肥満になりやすい犬種なのにくわえ、消化不良を起こしやすい犬種でもあります。

食べすぎると吐いたり下痢を起こす心配もあるので、適した給餌量を与えてあげましょう✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。

「好きなだけ与えてた」「フードの量はいつも適当」といった飼い主さんはぜひ参考にして下さい╭( ・ㅂ・)و ̑̑

フード量の計算は2つあります。

パッケージに記載された給餌量を参考にする

1日に必要なカロリーを計算し、係数を使って1日の給餌量を出す

 

パッケージに記載された給餌量を参考にする

ドッグフードのパッケージに記載されている給餌量を目安にしましょう。

給餌量は1回に与える量ではなく、1日に与える量なので、フードを数回にわけて与えてあげて下さい♪また、フレンチブルドッグは肥満になりやすい犬種なので体型チェックも定期的に行ってあげましょう。

でも、ドッグフードのパッケージに記載された情報はあくまで目安!より愛犬に適したフード量が知りたい場合は、係数を使った計算方法がおすすめです♪

体型チェックの方法

ワンちゃんの標準体型は、ウエストにゆるやかなくびれがあります。逆に、太ったワンちゃんは、ウエスト部分にわずかなくびれしか確認出来ません。「うちの子ちょっと太ったかも?」と感じる飼い主さんは、摂取カロリーを調整してあげましょう。

 

まずは1日に必要なカロリー計算を行う

計算する女の人の手

係数で1日の給餌量を出す前に、まずは1日のカロリー計算から。愛犬の1日に必要なカロリーのみ気になる飼い主さんも、こちらの計算方法を参考にして下さい♪

計算方法:1日に必要なカロリー量(kcal)=(体重× 30 + 70 )× 1.2 ~ 1.8 

標準の場合は1.5、肥満のワンちゃんは1.2、やせ過ぎ・運度量が多いワンちゃんは1.8に設定しましょう。

これが1日に必要なカロリーで、DERともいわれます。DERを使う事で、必要なフード量が計算できるんです(*^^*)

 

係数を使ってフード量を計算する

上の計算で出たカロリー量(DER)と、使用しているフードのカロリーを割ったりかけたりしてみましょう。

計算方法はこちら。

計算方法:DER ÷(与えている餌の100gあたりのkcal)× 100 = 1日のフード量(g)

 

愛犬それぞれに合わせたフード量を見極めよう

かごに入ったフレンチブルドッグ

同じ犬種のワンちゃんであっても、それぞれ消化器官の長さや消化する力は異なります。

また、フレンチブルドッグは、消化不良を起こしやすい犬種なので、同じような見た目でも同じフード量とは限りません。

愛犬に合ったフード量を見極めるのにおすすめなのが、「便のかたさを見る方法」です。

こちらが目安になります٩( 'ω' )و

便が柔らかい状態が続く⇒フード量が多い

かたくポロポロとした便が続く⇒フード量が少ない

便にふれると、あとが少し残る⇒フード量がちょうど良い

便の状態を確かめる事は、ワンちゃんの健康のバロメーターを確かめる事にもなります。特にフレンチブルドッグは消化器官がデリケートなので、便をこまめにチェックしてあげましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

2.環境が原因の場合

バテているフレンチブルドッグ

フレンチブルドッグがご飯を食べない原因として、2つめにあげられるのが環境です。

夏バテしている

環境によるもので特に注意すべきなのが、夏バテです。

夏バテしやすい犬の特徴に、「短頭種」「肥満気味」があります。

フレンチブルドッグは短頭種で肥満になりやすいため、夏バテしやすいワンちゃんだと言えます(^^;;)

ワンちゃんは本来ハァハァと舌を出す「パンティング」と言う呼吸法で熱を逃がし体温の調節を行っています。でもフレンチブルドッグの鼻は短く、呼吸する気管がせまくなっているため、熱を逃がすのが苦手( ノД`)

パンティングの回数が多くなると、呼吸器や心臓へ負担がかかってしまい、体温が上がって熱中症にかかりやすくなります。

ゴールデンレトリバーなどの鼻の長さがあるワンちゃんに比べ、フレンチブルドッグは熱中症のリスクがぐんと高まります(´;ω;`)

しかも日本は湿度が高いので、なおさら気を付けないといけません。愛犬が夏をしっかりのり切るためにも、夏バテ対策を行ってあげましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

笑っているフレンチブルドッグ

◆対策方法◆

水分をたっぷり与えよう

ワンちゃんの食事はドライフードが基本ですが、夏の暑い季節は、水分不足にならないようフードに水分をくわえましょう。飲み水もこまめに取りかえ、新鮮なお水を常に与えてあげましょう。

食欲がそそられるご飯を与えよう

「いつものドライフードじゃご飯が進まない…」なんて時は、香りがあって食欲がそそられるウェットフードを与えてあげましょう!

ウェットフードはドライフードに比べて香りが強く、水分も多く含んでいます。食欲が進むとともに、水分も補えます(๑´ڡ`๑)

ただ与えすぎるとウェットフードばかり食べてしまうようになるので、ドライフードとウェットフードを混ぜ合わせてあげましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

室内の温度・湿度管理を忘れずに

夏バテ・熱中症対策には、お部屋の温度・湿度管理は欠かせません。ワンちゃんは私たち人間よりも体温が高いですから、熱がこもってしまうと命が危険です。

フレンチブルドッグのようなシングルコートの犬種に適した温度は22~25度です。湿度が高い時は、クーラーのドライ機能で調整してあげましょう。室内が冷えすぎても良くないので、サーキュレーターで室内の空気が循環させてあげましょう✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。

お留守番させる時も、日中気温が上がらないか天気予報をチェックしてタイマーをセットしてからお出かけしましょう✧

 

ストレスを感じている

ワンちゃんは、ストレスを感じてご飯を食べないケースもあります。

◆ストレスを与えてしまう要因◆

何時間もゲージの中にいた

散歩にしばらく行っていない

お留守番が多く、一人の時間が長い

ストレスがたまることで食欲不振を招きますので、以上のような事をしている場合は、生活を改善してあげましょう。

お散歩を行う事で運動にもなり、ワンちゃんが「お腹空いた、ご飯食べたい!」という気持ちになりますよ✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。

3.病気が原因の場合

フレンチブルドッグがご飯を食べない原因として、3つめにあげられるのが病気です。

フレンチブルドッグは歯周病にかかりやすい

見つめるフレンチブルドッグ

ワンちゃんの歯は、人間に比べてすき間が広く、唾液が自然に洗浄を行ってくれるので虫歯になりにくいです。ですが、小型犬は歯のすき間がせまくなっているので、歯周病にかかりやすいんです(+_+)

さらに、小型犬の中でも歯周病になりやすいのが短頭種!

鼻が長めの犬種は、歯が一列にキレイに並んでいますが、短頭種のワンちゃんたちは鼻をぎゅっと縮めているので、歯がキレイに入りきらず、後ろに押し込められています。

歯が横になったり2列に生えて密着しているので、そのすき間に歯垢や歯石がたまってしまうんです…。これを長らく放っておくと、歯周病になります。

歯周病にかかると、こんな症状が出ます。

◆歯周病の症状◆

口臭・歯のぐらつき・歯の痛み・硬いものが噛めない

こんなお口のトラブルがたくさん出ます。硬いものを噛むのも大変になるので、ワンちゃんは大好きなフードを食べられません!(;O;)

大切な愛犬がこんなつらい目にあうのは悲しいですね…。しかも、かなり進行が進むまで症状を気付きにくいケースも多いのが歯周病のやっかなところ。。( ノД`)

また、歯周病を治療するには、ワンちゃんが暴れないように全身麻酔をかける必要があります。ですが、これはフレンチブルドッグにとってリスクが高い方法です。

フレンチブルドッグは気管がせまいため、麻酔がかかると自分で呼吸するのが大変です。

シニア犬だと手術を行うのも難しくなるので、歯周病だと分かったら、必ず獣医さんに相談して下さい。

手術を避けるためにも、歯周病を日頃から予防してあげる事が大切ですよ╭( ・ㅂ・)و ̑̑

愛犬を歯周病から守るため、飼い主さんが対策を行ってあげましょう✧

クッションに座るフレンチブルドッグ

◆対策方法◆

☆日頃からお口の中をケア☆

◆ブラッシング

◆歯みがきシート

この2つを使って、歯のみぞまで1本ずつ丁寧に磨いてあげましょう。特に奥の歯は歯垢がたまりやすいので、すみずみまで忘れずにしてあげましょう☆(*^^*)

ワンちゃんに安心感を与えられるよう、始める前と終わった後に「いい子いい子」と体をなでてスキンシップをするのがポイントです。

 

その他の病気

その他、ワンちゃんの食欲が落ちた場合に次のような症状があれば動物病院へ行きましょう。

胃腸炎

抵抗力が落ちた・フードが合わない・細菌の感染などが原因で、胃腸炎が起こります。症状としては、嘔吐や下痢などが起こります。ワンちゃんに負担となるため、動物病院で症状を見てもらいましょう。

回虫症

回虫は消化器官に寄生し、長さが5~10cmほどになります。回虫が消化器官に住めば、ワンちゃんが摂った栄養素をよこどりするため、栄養不足になってしまいます。食欲も低下していくので、必ず動物病院で見てもらいましょう。

まとめ

黒いフレンチブルドッグ

フレンチブルドッグがご飯を食べない原因は、3つあるとお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。

記事内の大切なポイントをおさらいしてみましょう♪

  • 使用しているフードは、小粒・低アレルゲン・低カロリーか見直してみる
  • 愛犬が快適に過ごせるよう、室温を調整してあげる
  • お口のケアを行い、歯周病を予防する

 

フレンチブルドッグは呼吸器や消化器官の作りが特殊なので、食欲が落ちやすいワンちゃんです。

でも愛犬の食欲が落ちている原因を知り、環境を整えてあげる事で、また美味しそうにご飯をほおばっている姿が見れますよ(๑•̀ㅂ•́)و✧栄養不足にならず、健康で長生きする事にも繋がります♪

ただ、ワンちゃんがご飯を長らく食べない場合は、何か大きな病気をかかえている可能性があります。その際は、迷わず獣医さんに相談して下さいね!

ワンちゃんと飼い主さんがずっとずっと幸せに暮らせるよう、願っています☆彡

 

----------------------参考サイトについて----------------------

ワンちゃんは、大切な家族の一員です。

ワンちゃんに関する正しい知識をインプットするには、信頼できる機関から情報を得るのが大切です。

記事を書くのに参考にした、信頼できる機関のサイトを下記に載せるのでぜひチェックしてみて下さい♪

参考サイト
■短頭種について
■シングルコートの適温について
■愛犬の体型チェックについて
【全126種類徹底調査】2019年版総合ドックフードランキング
  • 主原料
  • 安全性(肉の品質)
  • グルテンフリー
  • 添加物
  • コスパ

の観点でランキングを作成しました。2019年版の総合ドックフードランキングチェックしてみてください!

 

おすすめの記事