サプリメントその他

グレインフリーとグルテンフリーの違いは?おすすめドッグフード5選

麦

わんちゃんの体にあったドッグフードを選ぶ時によく目にするのが、「グレインフリー」と「グルテンフリー」という言葉です!

非常によく似た言葉ですが意味は違うので、大切な愛犬に合ったドッグフードを選ぶためにも、きちんとした知識を抑えておきましょう!

↓押すと下までスクロールします
犬のごはん編集部おすすめはこちら

グレインフリーとグルテンフリーの違い

グレイン

グレインフリーとグルテンフリーにはどのような違いがあるのか紹介します(^^)

グレインフリー

穀物全般を一切使用していないこと

グルテンフリー

大麦や小麦、ライ麦などの麦類に含まれるたんぱく質の一種(グルテン)を含まないこと

 

言葉自体はとても似ていますが、グルテンは特定のものを指すのに対し、グレインは穀物全体のことを指すので、グレインのほうがより広い意味をもつのですね。

ドッグフードなどで穀物アレルギーが心配な場合は、グルテンフリーのものを選んだほうが無難です。

グレインフリーのドッグフードがおすすめなわんちゃん

子犬
  • 穀物アレルギーのわんちゃん
  • どの穀物が原因でアレルギーが起こるのかわからないわんちゃん
  • 出来るだけ自然に近い食事にしたいわんちゃん

最近では、穀物アレルギーをもつわんちゃんも多く、ドッグフードの原材料を気にする飼い主さんも増えてきました。

わんちゃんがアレルギーを起こしてしまうと、皮膚のかゆみを引き起こしたり、皮膚が赤くなったり、嘔吐、下痢などを引き起こしてしまうこともあります。

そこで、アレルゲンとなりうる「穀物」を一切排除した「グレインフリー」のドッグフードが注目されつつあります。

また、本来肉食動物であるわんちゃんは、穀物の消化が苦手なことや、自然界では自ら進んで穀物を食べることがないことなどから、「穀物は必要ないのではないか」という考えもあり、これもグレインフリーのドッグフードが注目される理由のひとつでもあります。

グレインって何?

  • グレインとは、
  • 小麦
  • 大麦
  • ライ麦
  • トウモロコシ

などの「穀物全般」のことを指します。

ですが「グレインフリー」と書かれていても、サツマイモや豆類など、一般的に「穀物じゃないの・・・?」と思われるものが入っていることがあります。

ドッグフードにおいての穀物というのは先ほども述べたように「小麦」「大麦」「ライ麦」「トウモロコシ」「米」などのことを指し、サツマイモや豆類は犬にとって消化不良を起こす食材としては当てはまりません。

グレインフリーのメリットとデメリットは?

・穀物類のアレルギーを持つわんちゃんでも安心して食べられる。
・必然的にフード全体量で肉類の割合が増えるので、動物性たんぱく質が多く摂取出来る。

・高たんぱくになるので、運動量が少ないわんちゃんや、シニア犬には向かない場合もある。
・一般のものに比べると値段が高い傾向にある。

「穀物アレルギー」をもつわんちゃんは増えてきているので、アレルギーの心配をせずに食べさせてあげられることは最大のメリットといえますね。

また、穀物類を使用していないことによって、必然的に肉類の割合が増え、わんちゃんに必要な動物性たんぱく質を豊富に摂取することが出来るというのもメリットです。

ですがこれは、実はわんちゃんの年齢や体質などによってはおススメできない場合もあるんです。

たとえば、シニア犬や運動量が少ないわんちゃんにとっては、たんぱく質の摂りすぎは時に肥満の原因になってしまうこともあるのです。
また、もうひとつのデメリットとして挙げられるのが「値段が高くなりがち」なことです。

グレインフリーのドッグフードは、肉類と比べて安価な穀物を一切使用していないので、値段が高くなってしまうのは当たり前といえますが、毎日食べさせてあげるごはんですから、飼い主としてコスパは気になるところですよね。

グルテンフリーのドッグフードがおすすめなわんちゃん

パグ

・小麦アレルギーのわんちゃん
・動物性たんぱく質だけでなく、穀物からもしっかり栄養を摂りたいわんちゃん
・グレインフリーのドッグフードを食べてくれなかったわんちゃん

わんちゃんにとって、必ずしも穀物が悪いとは言い切れず、雑食化が進むわんちゃんにとって、栄養価の高い良質な穀物も存在します。

グルテンフリーは、そのような良質な穀物は摂取したいけれど、アレルゲンとなりやすい「グルテン」は含まれていないドッグフードを食べさせたい、という場合にオススメのドッグフードです。

また、グレインフリーのドッグフードをわんちゃんが好んで食べてくれない場合でも、グルテンフリーのものであれば食べてくれる、という場合もあります。

グルテンって何?

グレインが「穀物全体」のことを指すのに対して、グルテンとは、麦類から生成されるたんぱく質の一種のことを指します。

グルテンが生成されるのは、

  • 小麦
  • 大麦
  • ライ麦

などの麦類になります。

麦類に含まれる「グルテン」に反応してアレルギーを起こすわんちゃんは多く、たとえ穀物が含まれていても「グルテンフリー」のドッグフードであればアレルギーに対応出来る可能性が十分にあります。

グルテンフリーのメリットとデメリットは?

・小麦アレルギーのわんちゃんでも安心して食べられる。
・グレインフリーに比べてドッグフード自体の種類が多いので選択肢が増える。

・小麦以外の穀物アレルギーのわんちゃんには対応できていない。
・どの穀物に対してアレルギーが出ているか分からない場合はアレルギーが起こるリスクがある。

愛犬のアレルギーが、小麦に反応していると分かっていれば、グルテンフリーのドッグフードを選べば問題ありません。「グルテンフリー」のドッグフードなら、良質な穀物を摂取しつつ、アレルゲンであるグルテンを避ける、ということも可能で、グレインフリーに比べるとドッグフードの選択肢も増えることになりますね。

反対にデメリットとしては、グルテンフリーのドッグフードは、小麦以外の穀物にアレルギー反応を起こしてしまうわんちゃんには、当然ながらおススメできないということです。
どの穀物に対してアレルギーが起こってしまうのか分からない場合もアレルギーが起こってしまうリスクがあるので避けたほうが良いですね。

グレインフリーのおすすめのドッグフード5選

グレインフリーのドッグフードをいくつか紹介します!

わんちゃんの体やご主人のお財布事情にあったものを選んでいきましょう!

モグワンドッグフード

モグワン

基本情報

内容量 1.8kg
価格 3,960円
原産国 イギリス
メイン材料 チキン&サーモン
対応犬種/年齢 全犬種対応
4ヶ月~シニア犬まで対応

口コミを見る 公式サイト 

原材料

チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)/サツマイモ/エンドウ豆/レンズ豆/ひよこ豆/ビール酵母/アルファルファ/ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)/ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)/ココナッツオイル/バナナ/リンゴ/海藻/クランベリー/かぼちゃ/カモミール/マリーゴールド/セイヨウタンポポ/トマト/ショウガ/アスパラガス/パパイヤ/グルコサミン/メチルスルフォニルメタン(MSM)/コンドロイチン/乳酸菌

おすすめポイント

モグワンドッグフードは、原材料の質にこだわった、高品質プレミアムドッグフードです。

原材料はすべてヒューマングレードのもののみを使用し、危険な人工添加物は一切使用していません。

もちろんグレインフリーでアレルギーの心配はありません!

また、高品質なだけでなく、健康フードにありがちな、食いつきの悪さも改善し、食いつきの良さにも定評があります。

さらに試食会では93.3%の飼い主さんが「継続したい!」と答えており、獣医師の84%が「食べさせたい」と回答している優秀なドッグフードです。
グレインフリーなうえ、安心・安全な、まさにプレミアムドッグフードと言えますね!

公式サイト 

カナガンドッグフード

カナガン

基本情報

内容量 2.0kg
価格 3,960円
原産国 イギリス
メイン材料 チキン
対応犬種/年齢 全犬種対応
全年齢対応

口コミを見る 公式サイト 

原材料

骨抜きチキン生肉(26%)/乾燥チキン(25%)/サツマイモ/エンドウ豆/ジャガイモ/エンドウタンパク/アルファルファ/鶏脂(3.1%)/乾燥全卵(3.1%)/チキングレイビー(1.6%)/サーモンオイル(1.2%)/ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)/ビタミン(ビタミンA(16,250IU/kg)、ビタミンD3(2,400IU/kg)、ビタミンE(240IU/kg)/グルコサミン(1,000mg/kg)/メチルスルフォニルメタン(MSM)(1,000mg/kg)リンゴ/ニンジン/ホウレンソウ/オオバコ/海藻/フラクトオリゴ糖/コンドロイチン(700mg/kg)/カモミール/セイヨウハッカ/マリーゴールド/クランベリー/アニスの実/コロハ

おすすめポイント

カナガンドッグフードは、完全グレインフリーで、アレルギーの心配がないだけでなく、原材料にはすべてヒューマングレードのものを使用している高品質なドッグフードです。

危険な人工添加物も一切不使用なので安心して愛犬に食べさせてあげることができ、食いつきの良さでも定評のあるドッグフードです!

また、肉類の割合が50%以上なので、わんちゃんにとって必要な動物性たんぱく質をしっかりと補ってあげられるのも重要なポイントですね。

 公式サイト 

ナチュロル

ナチュロル

基本情報

内容量 850g
価格 3,000円
原産国 日本
メイン材料 牛生肉
対応犬種/年齢 全犬種対応
全年齢対応

口コミを見る 公式サイト 

原材料

新鮮牛生肉(北海道・兵庫県産)/新鮮鶏生肉(兵庫県産)/新鮮馬生肉(カナダ産)/新鮮魚生肉(兵庫県産)/タピオカ(タイ産)/魚粉(北海道・長崎県産)/紫さつまいも(タイ産)/チーズ(国産)/ココナッツ(フィリピン産)/りんご繊維/鶏粉末/胡麻/ひまわり油/乳清/安定・持続型ビタミンC/天然バイオフラボノイド/海藻/脱脂粉乳/オリゴ糖/乳酸菌

おすすめポイント

ナチュロルは、プレミアムフードではめずらしく、国産のドッグフードになります。
外国産のものに抵抗がある方にもおススメできますね!

グレインフリーということで、アレルギーが心配なワンちゃん出も安心して食べさせてあげることができます!

また、ドッグフードで世界で初めて「安定・持続型ビタミンC」が高濃度配合されており、わんちゃんの毛並みの改善にも期待できます。

メインは牛肉ですが、ほかにも鶏肉、馬肉、魚肉などさまざまな肉類が配合されているので、それぞれの原材料から良質なたんぱく質を得ることができます。

 公式サイト 

ピッコロ

ピッコロ

基本情報

内容量 1.5kg
価格 3,960円
原産国 イギリス
メイン材料 チキン
対応犬種/年齢 全犬種対応
シニア犬~対応

口コミを見る 公式サイト 

原材料

骨抜きチキン生肉(31%)/骨抜き生サーモン(20%)/乾燥チキン(13%)/サツマイモ/ジャガイモ/エンドウ豆/乾燥サーモン(6%)/乾燥全卵(2.5%)/チキングレイビー(2%)/アルファルファ/ミネラル類(硫酸第一水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)/ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD)/グルコサミン/メチルスルフォニルメタン(MSM)/コンドロイチン硫酸/リンゴ/ニンジン/オオバコ/海藻/フラクトオリゴ糖/ホウレンソウ/クランベリー/カモミール/セイヨウハッカ/マリーゴールド/アニスの実/コロハ

おすすめポイント

ピッコロは、7歳からのシニア犬に向けて作られたドッグフードです。

原材料はすべて厳選された高品質なものばかりを使用し、もちろん危険な添加物は一切使っていません。

グレインフリーでありながら、食物繊維が豊富なりんごや、良質な炭水化物であるサツマイモなどが配合されており、シニア犬の栄養をよく考えた作りになっています。

アレルギーのリスクを避けながら、栄養素はしっかり摂れるバランスの良いドッグフードです!

公式サイト 

オリジン

オリジン

基本情報

内容量 2.0kg
価格 6,480円
原産国 カナダ
メイン材料 チキン&七面鳥肉
対応犬種/年齢 全犬種対応
全年齢対応

口コミを見る 公式サイト 

原材料

新鮮鶏肉/新鮮七面鳥肉/新鮮イエローテイルカレイ/新鮮全卵/新鮮丸ごと大西洋サバ/新鮮鶏レバー/
新鮮七面鳥レバー/新鮮鶏心臓/新鮮七面鳥心臓/新鮮丸ごと大西洋ニシン/ディハイドレート鶏肉/ディハイドレート七面鳥肉/ディハイドレート丸ごとサバ/ディハイドレート鶏レバー/ディハイドレート七面鳥レバー/丸ごとグリーンピース/丸ごとシロインゲン豆/赤レンズ豆/新鮮チキンネック/新鮮鶏腎臓/ピント豆/ヒヨコ豆/グリーンレンズ豆/鶏肉脂肪/天然鶏肉風味/ニシン油/粉砕鶏骨/鶏軟骨/七面鳥軟骨/ドライケルプフリーズドライ鶏レバー/フリーズドライ鶏レバー/フリーズドライ七面鳥レバー/新鮮丸ごとかぼちゃ/新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ/新鮮ケール/新鮮ホウレンソウ/新鮮カラシ菜/新鮮コラードグリーン/新鮮カブラ菜/新鮮丸ごとニンジン/新鮮丸ごとリンゴ/新鮮丸ごと梨/かぼちゃの種/ヒマワリの種/亜鉛タンパク化合物/ミックストコフェロール(天然酸化防止剤)/チコリー根/ターメリック/サルサ根/アルテア根/ローズヒップ/ジュニパーベリー/乾燥ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物/乾燥プロバイオティクス発酵生成物/乾燥ラクトバチルスカゼイ発酵生成物

おすすめポイント

オリジンは、自然界における犬本来の食事に近づけたドッグフードです。

添加物不使用、そしてもちろんグレインフリーなのでアレルギーの心配がありません!
栄養面でもよく考えられており、低炭水化物で・高たんぱく質なので、わんちゃんの理想の食事といえます。

また、自社工場で製造するなど品質管理も徹底しており、安心してわんちゃんに食べさせてあげることができそうですね!

公式サイト 

オススメドッグフードの比較表

モグワン カナガン ナチュロル ピッコロ オリジン
モグワン カナガン ナチュロル ピッコロ オリジン
価格
3,960円 3,960円 3,000円 3,960円 6,480円
肉の種類
チキン
サーモン
チキン 牛生肉 チキン チキン
七面鳥肉
ヒューマングレード
グレインフリー
無添加
公式サイト
モグワン カナガン ナチュロル ピッコロ オリジン

まとめ

眠そうな犬

いかがでしたか?

「グレインフリー」と「グルテンフリー」、ふたつとも言葉はとても似ていますが、「グレイン」は穀物全体のことを指し、「グルテン」とは小麦などの麦類から生成されるたんぱく質の一種だということがわかりました。

「グルテンフリー」も「グレインフリー」も、それぞれメリットとデメリットがあります。

わんちゃんのアレルギーのリスクをさけるためにも、飼い主である私たちが正しい知識をもち、正しいドッグフードを選んであげることがなにより大切なのですね!

犬のごはん編集部が選ぶおすすめドッグフード!

素材に徹底的にこだわるなら…モグワン

モグワン

編集部のおすすめポイント

☆ヒューマングレードで最高品質の食材を使用
☆小型犬やシニア犬でも食べやすい小粒タイプ
☆初回半額なのでお試しできる
 

口コミを見る 公式サイト 

無添加と食いつきを求めるなら…ブッチ

ブッチ

編集部おすすめポイント

☆ハムのようなウェットタイプで食いつき最高!
☆保存料が無添加なので安心
☆水分量が多いので、内臓の負担が少ない
 

口コミを見る 公式サイト 

グレインフリーにこだわるなら…カナガン

カナガン

編集部おすすめポイント

☆ヒューマングレードで栄養価は最高ランク
☆高品質なのにコスパがいい
☆小型犬もシニア犬も食べやすい小粒タイプ
 

口コミを見る 公式サイト 

コスパにこだわるなら…ピュリナワン

ピュリナワン

編集部おすすめポイント

☆リーズナブルで大人気
☆コーヒーで有名なネスレ販売なので安心
☆ほぐし粒で食べやすく、歯に良い!
 

口コミを見る 公式サイト 

ABOUT ME
Ayaka Takahashi
Ayaka Takahashi
現在7歳になるミックス犬のロンさんと暮らしています。以前飼っていた愛犬を病気で亡くしてしまったので、ロンさんにはもう二度とあんな苦しい思いをさせたくないという一心で勉強し、「犬の飼い主検定」や「愛玩動物飼養管理士2級」といった資格を取得しました。 以前はトリマーとして働いていたため、「トリマー1級」の資格も取得し、ワンちゃんの健康維持に役立つグルーミングの知識も身につけています。 トリマーとして働いていた際、私と同じ悩みを抱える飼い主さんがたくさんいらっしゃるということを知ったので、これまでに得た知識を他の方にも役立ててもらいたいと思い、自身の実体験を交えたメディアを作成しました。
【全126種類徹底調査】2019年版総合ドックフードランキング
  • 評判や口コミ
  • 主原料
  • 安全性(肉の品質)
  • グルテンフリー
  • 添加物
  • コスパ

の観点でランキングを作成しました。2019年版の総合ドックフードランキングチェックしてみてください!

 

おすすめドッグフードランキング