サプリメントその他

ペット用自動餌やり器おすすめ5選|安くて口コミ満足度が高いものは?

愛犬はとってもかわいい!けれど、毎日のごはんの支度はなかなか大変ではありませんか?特に、留守中の時間はどうあげればいいか悩んでしまうということも多いですね。

そこで、本記事では自動餌やり器についてご紹介!飼い主が留守の間も、フードを与えておいてくれる優れものです。この記事では…

  • 自動餌やり器を選ぶポイント
  • メリットやデメリット
  • 失敗談
  • おすすめの自動餌やり器

についてご紹介します♪ 餌やり機選びの参考にしてくださいね!!(^_^)

↓押すと下までスクロールします

編集部おすすめドッグフード4選

自動餌やり器ってどういうもの?

自動餌やり器とは、ペットにごはんをあげる機械のことです。飼い主がタイマーを設定し、時間がくると自動的にお皿にフードが出てくるものが代表的。

時間だけでなく量も指定することができるので、ワンちゃんの健康管理に役立てることができます。

大人のワンちゃんにも便利に使えるのはもちろん、ドライフードを自分でしっかり食べられる月齢であればある程度小さいうちから使うのもおすすめ!

若いころから自動餌やり器に慣れておくと、かなり正確に食事のリズムを作れますよ。時間になるとごはんが出るという感覚と、適切なフードの量をワンちゃんに教えることができるんです。

ウチの子が太ってしまうのが気になる!という場合の予防効果も

飼い主が家にいるときにはもちろん、留守中のワンちゃんのごはんも管理できるのは安心感を得られますね。

とは言え、やはり機械ですからどうしても作動中はモーター音が出てしまいます。ワンちゃんの性格が臆病だったり、警戒心が強い場合は、事前によく慣れさせてあげてくださいね。

また、自動餌やり器のなかにはトレイに出ているフードの重さを計って、軽くなると追加するという簡単な作りのものもあります。こうしたタイプは時間や量の設定はできないので、あくまで普段は自分でごはんを用意できる方向き。「留守中ほんの数時間だけ」といった使い方がおすすめのタイプです。

ペット用自動餌やり器の選ぶポイント

愛ペット用の自動餌やり器を選ぶときには、いくつか考えておきたい点があります。ポイントに分けてご紹介しますので、ぜひ参考として読んでみてください!

  • 自動餌やり器の種類から選ぶ
  • 電源のタイプから選ぶ
  • 外出時にペットの様子を確認できる機能から選ぶ

自動餌やり器の種類から選ぶ

自動餌やり器には、主に2とおりの種類があります。ワンちゃんと飼い主の方の普段の生活環境に合わせて、考えるのがおすすめです。

  • フードストッカー
  • トレイタイプ

フードストッカー

フードストッカータイプは、基本的にドライフードのみセットしておける自動餌やり器です。筒型の本体にごはんを入れておくと、設定した時間に合わせて給餌口が開く仕組み。本体から出るフードは、給餌口の下に取り付けるお皿にたまるようになっています。

イラスト1

たっぷりの容量を持つ製品が多いため、ある程度たくさんフードをためておくことができとっても便利!

メリット
  • 容量が多く、フードをある程度ためておくことができる
  • 留守が多くてもフードの心配がない
  • 手間がかからない
デメリット
  • 量を正確に計ることができない
  • 細かい食事制限のあるワンちゃんは注意が必要
  • 水分補給などで、毎食ごとにウェットフードを食べる子には向かない

g単位までの細かさはいらず、日常的にはドライフードを食べる子向きなのがフードストッカータイプです。

あまり多くはありませんが、フードの量を正確に調節する機能が付いた高性能モデルも販売されています。必要であればこのような製品を検討するのもいいですね(^_-)

トレイタイプ

トレイタイプの自動餌やり器は、蓋の付いた箱のような見た目をしています。人間用のお弁当箱に近いでしょうか。時間がくると蓋が上向きに開くか、左右にスライドしてワンちゃんが食べられるようになります。

イラスト1

g単位で細かく食事の量を調節できる製品が多いのが大きなポイント!

メリット
  • ドライフード、ウェットフード両方をセットできる製品が多い
  • 価格も大掛かりなフードストッカーと比較して安い
デメリット
  • ためておけるフードの量が少なく、最高でも6食前後の食事しかセットできない
  • 仕切りがあるので洗うのが少し面倒
  • フードストッカーよりも製品自体が少ない印象

トレイタイプの自動餌やり器にウェットフードをセットする場合は、傷まないよう配慮してあげてください。

もし留守にする時間が長い場合は、ストッカータイプとの併用を考えるなどして対応してみて下さいね。

特に梅雨時から夏場などあたたかい時期は食べ物が腐りやすいので、注意が必要です。短時間なら保冷剤などで保たせることもできなくはありませんが、できればドライフード中心の方が安心です。

電源のタイプから選ぶ

ワンちゃん用の自動餌やり器の電源には2つのタイプがあります。両方を検討してみて、特に使いやすいかなと感じるものを選びましょう!

  • 乾電池タイプ
  • コンセントタイプ

乾電池タイプ

乾電池タイプのものは、コードがないところが一番大きな魅力!置く場所に困ることが少なく、ケージの中にも設置できます。日ごろワンちゃんが過ごす部屋が広くないという場合は、特におすすめしたいタイプです。

メリット
  • コードがないので置く場所に困ることが少ない
  • ケージの中にも設置できる
  • ワンちゃんが過ごす部屋が広くなくても設置ができる
デメリット
  • 電池が切れてしまうと動かなくなる

乾電池の残量には注意が必要。切れかかりのころから動作が鈍くなってくるので、必ず毎日電池残量を確認してください。

イラスト1

乾電池の点検に時間を割くことができない場合は、後述のコンセントタイプを考えてみてくださいね。

トレイタイプの自動餌やり器に使う電池には、残量を一目でチェックできる製品がおすすめ。また、自宅で充電できる乾電池があるとより便利です。急に電池が切れてしまって在庫もない!という状態に陥ることが少なく安心ですよ。

パナソニック・エネループなどがピッタリなので、家電量販店等で探してみてください。

コンセントタイプ

自動餌やり器のなかでも、とりわけオーソドックスな作りなのがコンセントタイプ。

メリット
  • いつでも電気が配給されるので安心感がある
デメリット
  • コンセントの長さ次第で置き場所が決まってしまう
  • 停電が起きた場合電源配給が止まってしまう

コンセントが近くにない場所にしか設置できないというときは、どちらかと言えば乾電池タイプのものを検討する方がおすすめです。

延長コードなどを使って距離を延ばすこともできますが、どうしても床周りがゴチャゴチャしがちになってしまうのが心配。ワンちゃんのケガを予防するためにも、配線をスッキリさせる対策をしておく必要があります。

製品によってはコンセントからの電源供給ができなくなると乾電池供給に切り替わるものもあるので、ぜひ検討しておきたいところですね。

外出時にペットの様子を確認できる機能から選ぶ

自動餌やり器のなかには、スマホを連動させることでドッグカメラのように使える製品があります。いわゆる、高性能モデルに見られる機能です。

少し高額になりますが、ワンちゃんのそばにいられないときには安心感たっぷり。ぜひ検討してみてください!

  • カメラ機能
  • マイク・スピーカー機能

カメラ機能

本体に部屋の様子を写すカメラが内蔵されるモデルです。ワンちゃんがお部屋でどのように過ごしているか確認できるので、外にいても安心。とは言え、自動餌やり器に内蔵されたカメラは、基本的にはその場から動くことができません。

お部屋の一か所だけを重点的に写すので、事前に置く場所を考えておきましょう。ワンちゃんが食事を摂りやすい位置に置き場所の候補をしぼってスマホと接続し、写り方を確認するのがおすすめです。

マイク・スピーカー機能

マイクとスピーカーが内蔵。本体をとおして、飼い主の声をワンちゃんに聞かせてあげることができます。

外出時にどうしているか確認できない時間を心配する方には、おすすめの機能です。特に、おうちに飼い主が不在のとき食欲が落ちてしまうワンちゃんには声をかけることが大切。留守中の寂しさを軽くしてあげられます。

けれど臆病なワンちゃんの場合は、音で驚かせてしまうこともあるので気を付けましょう。警戒心やストレスから、かえって食欲が落ちてしまうといったこともあるので注意してあげてください。

マイク・スピーカー機能は、実際に使ってみる前に、ワンちゃんと確認の時間を持つことがおすすめです。「ここから飼い主の声が聞こえるよ~」と教えて慣れさせてあげる必要があります。

 

ペット用自動餌やり器を使った人の口コミや感想

ここで、実際にペット用自動餌やり器を購入・使用した人の口コミや感想を見てみましょう。買ってよかった人、失敗した人の話をそれぞれまとめます!

よかった人の口コミ・感想

・自動餌やり器を使ってみて、犬にごはんをあげるのがとても楽になりました。仕事や外出で決まった時間に家にいなくても、きちんと食べてくれるので安心です。
(神奈川県在住/トイプードル/2歳/メス/sakura)

・去勢手術をしてから太りやすくなった愛犬の栄養管理に役立ってます。自動餌やり器から決まった量のフードが出るのが便利です。この量だけ食べられるんだということを犬の方も学習するみたいで、無駄な要求が減りました。
(東京都在住/柴犬/3歳/オス/クッキーmama)

・カメラとマイクが付いている自動餌やり器を購入。出かけているときに、外から犬の様子を見られます。犬に声をかけると、本体まで近寄ってくるのが分かって楽しいです。家にいなくても、犬と一緒の時間を過ごせます。
(千葉県在住/ミニチュアダックス/5歳/オス/りゅうた)

 

失敗だった人の口コミ・感想

・コンセントが付いた自動餌やり器を買ったら失敗。犬がコンセントをいたずらしてしまってケガが心配なので、すぐに使わなくなってしまいました。
(東京都在住/ロングコートチワワ/5歳/メス/まるちゃん)

・せっかく買ったのに全く使ってくれなかった。モーター音が気になるみたいでゴハンを食べません。警戒心が強い子には向かないみたいです。
(埼玉県在住/ロングコートチワワ/2歳/オス/ミサト)

・ごはんが出るところを覚えたのはいいけど、そこを刺激すればごはんがもらえると思ったのか噛むようになってしまいました。破壊されたのでそれから使っていません。
(大阪府在住/ミニチュアダックス/1歳/オス/田中)

よかった人の口コミ
  • ごはんをあげるのが楽になった
  • 太りやすくなったワンちゃんの栄養管理に役立っている
失敗だった人の口コミ
  • コンセントで怪我が心配で使わなくなった
  • モーター音に警戒しご飯を食べてくれない
  • 噛めばごはんがもらえると思って壊してしまった

などの口コミがみられました

自動餌やり器選びには「犬の性格」を重視するのが大切なんですね!失敗を少なくするためには、まず箇条書きなどでどんな製品が欲しいか整理してみるのがおすすめ。その上で、本記事の選び方のポイントを参考にしてみてください。

取捨選択しながらワンちゃんとご自分の生活環境に合った製品を選んで行くと、理想に近いものが見付かりやすくなりますよ。

ペット用自動餌やり器を購入する前の注意点

自動餌やり器を使うにあたって、一番難しいのがフード量の調節です。

多すぎればワンちゃんが太ってしまうし、少なければひもじい思いをさせることになってしまうので悩みどころ。

イラスト1

ごはんは多くても少なくてもだめなのね

イラスト1

健康のためにも適切な量が大事なんだワン

健康管理の面から考えても、毎日ワンちゃんがどれだけごはんを食べているか知っておくことは大切ですね。またごはんが欲しくて噛んで本体を破損してしまう、倒してしまうといったことにも注意してください。

こんな心配がある場合は、本体を壁に固定してみる、噛まないよう根気強くしつけるなどで対応。「どうしても改善できないなあ」という場合は、自動餌やり器をあきらめることも検討に。上記のとおりワンちゃんの性格によるところが大きいので、事前によく考えてみてください。

  • ワンちゃんのご飯の量を知っておく
  • 噛み癖のあるワンちゃんだと本体を破損してしまう可能性もある
    (本体を壁に固定する・噛まないようにしつけるなどの対策が必要)

多頭飼いでも自動餌やり器は使える?

結論から言ってしまうと、多頭飼いでも自動餌やり器を使うこと自体は大丈夫!とは言え、ワンちゃん同士でフードの取り合いが起きたり、それぞれの子の食事量が分からなくなるといった問題点があることも事実。

 

トレイタイプの製品をそれぞれに用意するなど、細かい対応が必要になる可能性も大きく、正直なところあまり便利とは言えません(+_+)

日常的には飼い主がごはんをあげ、どうしても留守にするときだけ自動餌やり器を使うなどするのがおすすめの使い方です。

メリット・デメリットまとめ

ワンちゃん用自動餌やり器の使用には、よい面も悪い面もあります。それぞれをポイントにまとめるので、ぜひ参考にしてみてください。

ペット用自動餌やり器のメリット

  • 留守中でも決まった時間に食事を与えられる

  • 量の調節ができるモデルであれば愛犬の食事量をコントロールできる

  • 乾電池タイプの電源方式であれば置き場所に困らない

  • 外出時、愛犬の様子を確認できるカメラ内蔵のものがある

  • 愛犬に声を掛けられるものがある

ペット用給餌器のデメリット

  • コンセントタイプのものは置き場所に制限がある

  • 乾電池タイプのものは外出中動作しなくなるおそれがある

  • 多頭飼いにはあまり向かない

  • ストッカータイプのものはドライフードのみで細かい量の設定に向かない

  • 本体を噛むなどして破損するおそれがある

  • デリケートなワンちゃんはフードを食べない可能性がある

特に大きなメリットとデメリットをまとめてみました。購入を考える上ではデメリット面を重視するのがおすすめ。「こうだと困るな」と感じるものから外すようにして行くと決まりやすくなりますよ!

ペット用自動餌やり器おすすめ7選

自動餌やり器も、最近ではたくさんの種類があるため、悩んでしまいますよね!最新のものから、市販・通販で買えるものまで厳選して7選をご紹介!

うちのこエレクトリック・カリカリマシーンSP

価格16,980円(税込)
満足度★★★★★(4.9)

スマホ連動型のフードストッカーです。連動するスマホは、8機まで登録でき家族で共有することができるところが嬉しい!

ワンちゃんの毎日の記録を全員で把握して、健康管理に役立てましょう。

注目ポイント
  • 蓋に赤外線センサーを取り付けることで、フード切れのときの通知にも対応。
  • タイマーは1日4回までセット可能
  • スマホからリモート操作で直接フードを出すお楽しみ機能も◎
  • 内臓カメラでの撮影・録画、相互の声を届けることができるなど機能面が充実

公式サイト

SHINMEI

Amazon価格17,600円(税込)
満足度★★★★☆(4.0)

外にいながら、ワンちゃんと同じ空間にいるような感覚を味わいたい方におすすめです。内臓カメラでワンちゃんの様子を確認できるほか、マイク・スピーカーでお互いの声を届けることができます。

注目ポイント
  • スマホ連動可能なコンセントタイプのフードストッカー
  • フードの量がg単位で調節可能
  • 撮影・録画機能のタイマーは12回まで設定可能
  • マイク・スピーカーでリアルタイムでコミュニケーションが取れる

Amazon

ottostyle.jp

Amazon価格4,080円(税込)
満足度★★★☆☆(3.3)

乾電池式トレイタイプの自動餌やり器です。本製品の特に優秀なところは、乾電池の残量を知らせてくれる機能!ランプが赤く点灯するのを目印にできるので、電池切れの心配が少なくとっても便利です。

けれど、一方でドライフードしかセットできないというマイナスポイントもあります。

注目ポイント
  • フードは6食分、トレイ全体では240mlのフードをためられる
  • 6個の区切りごとにそれぞれタイマー設定を行うことが可能
  • 電池の残量お知らせ機能付き
  • ドライフードのみ対応

Amazon

JUNSPOW

Amazon価格4,080円(税込)
満足度★★★☆☆(3.1)

トレイタイプの自動餌やり器です。電源方式は乾電池タイプ。トレイにロックをかけることができるので、特にわんぱくな子なら本製品のようなものから少しずつ様子を見るのがおすすめ。

本体には10秒間の録音機能があり、ごはんのときに飼い主の声を聞かせることができます。

注目ポイント
  • フードは6食分セット可能、トレイにロックがかけられる
  • 本体重量が重く、ひっくり返す危険性が少ない
  • 10秒間の録音機能付き

Amazon

 

HaveGet

Amazon価格19,761円(税込)
満足度★★★☆☆(3.5)

電源方式にコンセントタイプを導入したフードストッカー。停電の場合は乾電池に切り替わるので、非常時にも安心です。

注目ポイント
  • ストッカー容量は4ℓ
  • 停電時に乾電池に切り替わる機能付き
  • ペットボトル式の給水器付属、お水も自動に与えたい方におすすめ
  • スマホと連動、外出先からリアルタイムでワンちゃんの様子を確認することが可能
  • TFメモリーカードを用意すれば、ワンちゃんの日々の記録を取ることができる

Amazon

 

オートペットフィーダー・ペロリ

Amazon価格 7,980円

 

Amazon価格7,980円(税込)
満足度★★★☆☆(3.0)

乾電池式フードストッカーです。10gごとに量の設定ができるので、食事のコントロールが必要なワンちゃんにおすすめ。タイマーは、リピート設定で毎日同じ時間にごはんをあげることを繰り返せます。

音声録音機能が付いているので、食事の時間に飼い主の声を流すこともできますよ。

注目ポイント
  • 本体容量は6ℓ。フードタンクは取り外して水洗い可能
  • 1日最大4回までタイマーをセット可能
  • 5分単位で給餌時間が設定できる

Amazon

YINGYU

Amazon価格2,980円(税込)
満足度★★★☆☆(3.0)

小型のフードストッカーです。フードをためておける容量は1.5ℓと少ないものの、飲用水と同時に与えられるのが魅力!乾電池タイプの電源で、置き場所に困らないのもメリットです。

ですが、トレイの重さが軽くなるとフードを補充するタイプなので、細かい量の調整には不向き。あくまで、留守中の助けに使うのがおすすめです。

注目ポイント
  • 容量は2ℓ、留守番など短期間で利用したい人向け
  • 価格がリーズナブルなので、初めて自動餌やり器を使ってみたい方におすすめ

Amazon

まとめ

本記事では、ワンちゃんの食事に使用できる自動餌やり器についてご紹介しました!おすすめ商品の中に、気になる一台は見付かりましたか?

今回紹介した製品以外にも、自動餌やり器には様々な製品があります。選び方のポイントを参考に、どうぞ色々と検討してみてくださいね。

いぬなび編集部が選ぶおすすめドッグフード4選

素材に徹底的にこだわるなら…モグワン

編集部のおすすめポイント

☆ヒューマングレードで最高品質の食材を使用
☆小型犬やシニア犬でも食べやすい小粒タイプ

 

口コミを見る 公式サイト 

無添加と食いつきを求めるなら…ブッチ

編集部おすすめポイント

☆ハムのようなウェットタイプで食いつき最高!
☆保存料が無添加なので安心
☆水分量が多いので、内臓の負担が少ない
 

口コミを見る 公式サイト 

グレインフリーにこだわるなら…カナガン

編集部おすすめポイント

☆ヒューマングレードで栄養価は最高ランク
☆高品質なのにコスパがいい
☆小型犬もシニア犬も食べやすい小粒タイプ
 

口コミを見る 公式サイト 

コスパにこだわるなら…ピュリナワン

編集部おすすめポイント

☆リーズナブルで大人気
☆コーヒーで有名なネスレ販売なので安心
☆ほぐし粒で食べやすく、歯に良い!
 

口コミを見る 公式サイト 

ABOUT ME
いぬなび編集部
いぬなび編集部
「日本をペット先進国に。」をビジョンに掲げ、飼い主とわんちゃんが幸せに過ごせる世界を実現するために、いぬなびは誕生しました。 各商品の原材料や成分の分析、1,000名規模のユーザーの口コミなど、徹底してリアルな情報にこだわり、飼い主の皆様が安心してわんちゃんと過ごせるような正しい情報を分かりやすく発信しています。獣医師・ドッグトレーナーなど専門家の協力のもと、犬好きのメンバーが毎日読みたくなるコンテンツを毎日更新中!
【全140種類を徹底調査!】2020年ドックフードランキング

いぬなび編集部では、飼い主さんが愛する愛犬に「安全で健康的な美味しいドッグフード」を見つけられるように、

  • 安全な原材料、成分
  • 1000名のアンケート調査
  • コスパ(1日あたりの価格)

 

を徹底検証しドッグフードランキング紹介!2020年最新のドッグフードランキングをぜひチェックしてみてください♩

おすすめドッグフードランキング