サプリメントその他

子犬のおすわりの教え方と意味は?失敗する時の対処法と3つのコツ!

おすわりの教え方

「おすわり」は多くの家庭で教えているしつけの1つです。

「おすわり」は多くの面で役に立つしつけですが、なぜ覚えさせておいたほうが良いのか、おすわりの意味、教え方のコツなどご紹介します!

これから「おすわり」を教える飼い主さんはぜひ参考にしてみてくださいね(^-^)

この記事の執筆者
ドッグトレーナー 堀江 祐樹
ドッグトレーナー 堀江 祐樹
ちば愛犬動物フラワー学園でドッグトレーナー、愛玩動物飼養養管理士、ペットグルーマー、ペットエステの資格取得後、ドッグトレーナーとしてペットショップや犬の保育園で勤務してきました。 現在はスクーカムという品種の猫とパピヨン、ミニチュアダックスの犬たちと楽しく暮らしています。 ワンちゃんは言葉が通じない分、しつけは苦労する飼い主さんが多いです。 ワンちゃんのしつけは性格や犬種などによっても変わります。 プロにアドバイスを求めても無理な提案をされてしまい諦めてしまった飼い主さんも多いのではないでしょうか? ワンちゃんのしつけに関して無理のないアドバイスを心がけています。 犬のしつけのアドバイスはお任せください!

おすわりを教える意味

「おすわり」はどのようなときに役立つのか?必要性や、おすわりの意味をあげていきましょう!

  • わんちゃんを落ち着かせることができる
  • 他のしつけの中継点として役立つ

「おすわり」は、「フセ」よりもすぐに体勢がとりやすく落ち着かせることができます。

また、「まて」や「お手、おかわり」を教えるときも座っている状態のほうが落ち着いて教えることができ、飼い主さんも教えるときにやりやすいですよ(^-^)

おすわりをするために用意するもの

犬のおすわりの教え方
  1. リード
  2. 首輪
  3. ごほうび

上記の3点を用意しましょう!

その場で落ち着いていられるわんちゃんであれば特に必要はありませんが、落ち着くことが苦手な子犬などには首輪とリードである程度行動を制限させるために用意しておくと安心です。そのため、リードは伸びないタイプのものを使いましょう!

ごほうびは個々に好きなもの、わんちゃんがもらうために頑張れるものを用意してあげてくださいね(^-^)

おもちゃは遊びモードに入ってしまう可能性があるので出来ればおもちゃよりもおやつのほうがおすすめです!

おすわりを教える手順

「おすわり」の教え方についてご紹介します!これから「おすわり」を教える飼い主さんはぜひ参考にしてみてくださいね(^-^)

おやつを使う場合の教え方

犬のおすわりの教え方ごほうびのおやつを使うスタンダードな教え方について紹介します!食い付きが良ければほぼこの方法で教えることができます。

  1. おやつを握り鼻先に持っていく

    おやつを握りわんちゃんの鼻先に持っていって、おやつを握っていることをわんちゃんに知らせます。

  2. わんちゃんの頭の方向にずらしていき座らせる

    わんちゃんの鼻先に持っていったおやつを握った手をわんちゃんの頭上方向にずらしていくことでわんちゃんを座らせます。

    このときに後ろに下がっていってしまう場合はリードをつけてその場所から下がらないようにしましょう。

  3. おしりがついた瞬間に声をかけておやつを与える

    おしりが地面に着いてしっかり「おすわり」ができたら「good!」でも「よし!」でも良いので声をかけておやつを与えましょう。

良いことをしたときの言葉をご家族で決めて統一するとわんちゃんもその言葉を覚えて、その言葉の時は正解なんだ!ということをわかってくれます♪

おやつを使わない場合の教え方

おすわりの教え方

食いつくほどの好きなおやつがない、おもちゃもそれほど興味がないというときはリードを使って教えていきましょう!

  1. リードを短く持ち少し上方向に引っ張る

    リードが軽くピンッと張る程度に短く持ち、わんちゃんが苦しくないくらい上方向に軽く引きます。

    前足が浮く場合は引っ張りすぎなので注意してくださいね。

  2. 自分から座るのを待つ

    自分から座ってくれるのが1番ですが、なかなか座らない場合はもう片方の手でおしりを前方向にくるむようにして軽く押して座る補助をしてあげましょう。
  3. 座った瞬間に誉める

    座った瞬間に誉める言葉を発して個々に嬉しいことをしてあげてください(^-^)

    撫でる、抱っこするなど好きなことであれば何でもOKです♩

この方法ですとおやつを使った方法よりも少し苦戦するかもしれませんのでおやつやおもちゃで釣れる場合はそちらの方法のがオススメです!

2人で教える場合

犬ご家族の協力がある場合はぜひ皆さんで教えていきましょう♪ふたりで教える時の教え方をご紹介します!

  1. ひとりがわんちゃんを抱えて(軽く抑えて)座らせ、もうひとりは鼻先におやつを持っていって誘導する

    ひとりはわんちゃんが「おすわり」の体勢をとる補助をしてあげてください。

    わんちゃんを横向きに抱えて片手は首元、もう片方の手はおしりらへんにセットしておしりを丸めるようにして補助します。

    もうひとりはわんちゃんの鼻先に握ったおやつを持っていき、ペロペロさせながら頭上の方向に手をスライドさせて座る体勢をとらせます。

  2. 座った瞬間に誉めておやつを与える

    おしりが地面に着いたら誉める言葉を発してから握っているおやつを与えましょう。

参考にできるおすすめのYOUTUBEチャンネル

おすわりを教える時の3つのコツ

おすわりの3つのコツ「おすわり」を教える時の3つのコツをご紹介します!把握しておくことでよりスムーズに教えることが出来ると思います♪

ぜひ参考にしてみてくださいね(^-^)

3つのコツ

  1. 短時間で教える
  2. 集中が切れたら休憩
  3. 褒めるタイミングが大事

①短時間で教える

短時間で教えるというのは1回の時間を短くし、わんちゃんが集中していられる時間でどんどん教えていこう!ということです(^-^)

だいたい1回5分程度で考えておきましょう。

覚えるスピードはそれぞれ違いますので焦らずに短い時間の教える時間を何回か作りましょう!

わんちゃんが集中して覚えていけるプランを立てていきましょうね(^-^)

②集中が切れたら休憩

わんちゃんの集中していられる時間は短く、長くは持ちません。

集中が他のところへ行ってしまった、指示の聞きが悪くなったと感じたら一旦休憩しましょう!

飼い主さんも休憩しながら次はどうやって教えていこうかと作戦会議をしましょう(^-^)

③褒めるタイミングが大事

褒めるタイミングはおしりが地面に着いた瞬間です!

「いい子だね~!」ではわんちゃんにこの動作が良かったんだよと教えるには弱いので、それだよ!と変わるように決まった単語での褒める言葉を考えておくのがオススメです。

例えば「good!」、「ヨシ!」など短い言葉をご家族で統一させることでわんちゃんが混乱してしまうのを避けることが出来ますよ♪

おすわりの教える上での注意点

注意、ポイントおすわりを教える時の注意点を紹介します!他のしつけをするときにも大切なことなのでぜひ参考にしてくださいね。

褒めるときは興奮させない

しつけとしつけの間ではあまり興奮させることはおすすめできません。

高い声・大きな声をあげて褒める、激しく撫でるなど、興奮させる褒め方は避けましょう

興奮させることで、遊びモードにはいってしまったり、集中が一気になくなってしまう可能性があるため、出来る限り優しく声をかける、おやつを与えるなど興奮をさせない褒め方をしましょう。

もちろんしつけの終わりには目一杯遊んであげても構いません(^-^)

無理におすわりの体勢にさせない

わんちゃんを抱えて(抑えて)おすわりの体勢にさせるのはあくまでも補助です。

無理やり力でおすわりの体勢にさせるとわんちゃんはもちろん嫌がりますし、足腰を痛める原因にもなります

おすわりの体勢をとらせるメインの方法はおやつで釣る、もしくは自ら体勢をとってくれることを待ちましょう!

出来ないときは無理に進めない

「おすわり」が出来ないときは何らかの原因があります。出来なくなった時点で一旦なぜ出来ないのか考えてみましょう。

しっかり段階を踏んで教えてきましたか?、ステップアップするのであれば基本的な「おすわり」は出来ていますか?、足を痛めていることはありませんか?

出来ない場合はもう一度初めから段階を踏んで教えてみましょうね(^-^)

何度教えてもできない!失敗例と対処法

パグとパソコンもうちょっとで成功するのにあとちょっとがうまくいかないということもあると思います。「おすわり」がうまくいかないときはぜひ参考にしてみてくださいね(^-^)

失敗例①前足が浮いてしまう

誘導する手が高すぎるとわんちゃんもおやつを握っている手を目指して飛び上がってしまいます。

前足が浮かないように誘導する手は低い位置で誘導していきましょう!

失敗例②おしりが浮いてしまう

おしりは下がっているんだけどぴったりと地面に着かないということもあります。

原因としてはおしりが地面に着く前にごほうびを与えてしまっていることでわんちゃんがこの位置でいいんだと思ってしまうことがほとんどです。

おしりが地面に着いていることを確認してからごほうびを与えるようにすると改善します!

失敗例③後ろに下がってしまう

後ろに下がってしまう場合はリードを付けて後ろに下がれないようにわんちゃんの位置を固定しましょう。

犬種ごとにおすわりの教え方は違う?

犬 集合教え方はほとんどの犬種で統一ですが、足腰の弱い犬種(ダックスフンド、コーギー、フレンチブルドッグ、プードルなど)は体勢をとらせる補助をするときは足腰を痛めないように特に注意が必要です。

それぞれ合う方法で、個々の覚えるスピードを大切にして教えていきましょう!

「おすわり」ができたら、ステップアップ!

基本的な「おすわり」ができるようになったらステップアップしていきましょう♪

おやつを抜く

おやつを与えなくても「おすわり」が出来るようにステップアップしましょう。

まず鼻先のグーの手は指示手としてパーの状態にしたいのでおやつを持ったグーの手で誘導して「おすわり」が出来たらグーの手からではなく逆の手からおやつを与えましょう。

わんちゃんが手を上に上げる=「おすわり」を覚えたら手をパーにして軽く上に持ち上げ指示手にしましょう。

そのくらい「おすわり」が出来るようになってきたらおやつを与える時と与えない時を作りごほうびのおやつの回数を減らしていきましょう!

時間を伸ばす

「おすわり」していられる時間を伸ばしましょう。時間を長い時、短い時でランダムにしていきます。

伸ばし続けるだけではわんちゃんが飽きてしまいますのでランダムが大事です♪

言葉だけで指示ができるようにする

「おすわり」の言葉だけで指示できるようになれば咄嗟の時やわんちゃんが飼い主さんに集中できないときでも「おすわり」ができます。

指示手の前にしっかり「おすわり」と伝えて「おすわり」の言葉を強調しましょう。

指示手もだんだんと小さくしていき無くしていけるのがベストです!

どの位置でもおすわりが出来るようにする

「おすわり」を教える時はだいたい正面の状態ですが、実際に「おすわり」をさせるときは正面だけではなく、散歩時は横の時もあります。

飼い主さんがどの位置にいても「おすわり」出来るように教えていきましょう。

教え方は今まで正面でやっていたことと同じ事を様々な位置でやってあげるだけです(^-^)

その他に子犬に教えておきたいしつけ

おすわり以外に、子犬には様々はしつけが重要です!わんちゃんと良きパートナーになるためにも、しっかりと子犬のうちから様々なしつけをしておきましょう♩

まて

犬のまての教え方

まては散歩中にリードが外れてしまったときの事故や迷子の防止、他の子との喧嘩を止める安全のためなどその場で止まってほしい時にとても役立つしつけです!

覚えさせておくと万が一のときに安心です♪

フセ

シーズー

のんびりしていてもいいけどちゃんと待っていて欲しいときに時に役立つのがフセです。

ドッグカフェやわんちゃんとのお出掛けの時にマナーとしてとても大切なしつけです。

出して

犬 口 出して

子犬は気になるものをすぐにお口に入れてしまいます。

そのまま吐き出してくれればいいですが飲み込んでしまう事故も多くあります。

誤飲の事故が起きないように出してくれるようにしつけておきましょう!

お手、おかわり

犬のお手の教え方

お手とおかわりは手先を触られることに慣らすことができます。

わんちゃんは手先を触られることが苦手な子が多く、爪切りに苦戦することも多いです。

子犬の頃から手を触られるのを慣らすためにもお手とおかわりを教えておくのがおすすめです!

おいで

柴犬
「おいで」はわんちゃんの安全を守るためとても大切なしつけです。

ドッグランで自由に遊ばせている時、他の子と喧嘩になりそうになった時、何かから気をそらせたいときにとても役立ちます!

トイレ

トイレにいるブルドッグトイレのしつけは必須です!特に家で排泄をさせるのであれば迎え入れたその日からどんどん教えていきましょう!

一番簡単な教え方はトイレサークルを用意して一面にペットシーツを敷きます。

子犬の排泄しやすい時間(寝起き、食後、遊んだ後)にトイレに出し、排泄が成功したら誉めてあげましょうね(^-^)

それぞれのペースがありますので焦らずに教えていきましょう!

ハウス

犬がハウスしてゲージの中にいるハウスは必須ではありませんが教えておくととても役立ちます。

いきなりのお留守番はパニックになってしまうと思いますので日頃から休む場所はハウスというしつけをしていき安心してお留守番できるようにしてあげてください。

またハウスがあれば電車やバスなども一緒に乗ることが出来るので、一緒にお出掛けを考えている方には必須ですね(^-^)

しつけに役立つオススメグッズ

わんかーむ

わんかーむの特徴

しつけに効果的なリフレッシュ成分を配合
獣医師とドッグトレーナーが監修・開発!
166,380枚を突破!

しつけに使うおやつは個々に好きなものをつかってあげるのが1番ですが、しつけ用のサプリメントおやつ「わんかーむ」!

獣医師とドッグトレーナーが開発した安全でしつけのことも考えられたしつけ用サプリメントおやつです!

しつけに使うおやつにも気を使いたいという飼い主さんにはぴったりです♪

安心の国内産、グルテンフリーなのでアレルギー持ちの子にも安心!また、主原料は鹿肉なのでヘルシーで肥満が気になる子にもおすすめ。

さらにリラックス効果のあるバレリアンが配合されていますので落ち着いてトレーニングしたい「おすわり」のしつけのときにぴったりですよ♪

しつけの時に使いたいおやつとしてぜひ検討してみてくださいね(^-^)

公式サイト

まとめ

犬と飼い主

ここまで「おすわり」の教え方やコツについてご紹介してきましたがいかがでしょうか。

「おすわり」は、おしりが地面に着いた瞬間に褒めるタイミングが大切なしつけです。

タイミングとコツが掴みさえすればそれほど難しいしつけではありませんのでゆっくり楽しく教えていきましょうね(^-^)

ABOUT ME
ドッグトレーナー 堀江 祐樹
ドッグトレーナー 堀江 祐樹
ちば愛犬動物フラワー学園でドッグトレーナー、愛玩動物飼養養管理士、ペットグルーマー、ペットエステの資格取得後、ドッグトレーナーとしてペットショップや犬の保育園で勤務してきました。 現在はスクーカムという品種の猫とパピヨン、ミニチュアダックスの犬たちと楽しく暮らしています。 ワンちゃんは言葉が通じない分、しつけは苦労する飼い主さんが多いです。 ワンちゃんのしつけは性格や犬種などによっても変わります。 プロにアドバイスを求めても無理な提案をされてしまい諦めてしまった飼い主さんも多いのではないでしょうか? ワンちゃんのしつけに関して無理のないアドバイスを心がけています。 犬のしつけのアドバイスはお任せください!
【全140種類を徹底調査!】2020年ドックフードランキング

いぬなび編集部では、飼い主さんが愛する愛犬に「安全で健康的な美味しいドッグフード」を見つけられるように、

  • 安全な原材料、成分
  • 1000名のアンケート調査
  • コスパ(1日あたりの価格)

 

を徹底検証しドッグフードランキング紹介!2020年最新のドッグフードランキングをぜひチェックしてみてください♩

おすすめドッグフードランキング