ドッグフード

レガリエの評判|本当に口コミの良いドッグフードランキング

☆レガリエの注目ポイント☆
  • 原材料のこだわり
  • 低音加熱製法
  • 国内初。獣医師監修の国産・無添加・グレインフリーのドッグフード
価格
4,280円(内容量850g×2袋)
特徴
獣医師監修
添加物不使用
グレインフリー
不安なポイント
値段が高い
ライフステージ 全年齢対応
総合ランク S
総合点数 97点

\今なら初回限定お試し価格 500円!/

レガリエ公式サイト

わんちゃんを飼っている人なら誰もが一度は悩んだことがあると思われるのが、

  • どんなドッグフードを与えるか

だと思います。(>人<;)

わんちゃんも大事な家族ですから、食べ物にはなるべく気を付けて健康であってほしいと思うことでしょう。でも実際は、何を選ぶのが正解なのか分からない方が多いと思います。

その理由として考えられるのは、聞きなれない栄養成分などが多く、製品の良し悪しが把握できないことなどです。その点、含有成分や製法を最大限分かりやすくしているのが、レガリエのドッグフードです。

誰でも高品質であることが理解できるくらい親切に品質について語ってくれています。聞き馴染みがない方も多いと思いますが、それもそのはず。2019年の7月に販売開始されたばかりの、非常に新しい商品だからです。

そんな大注目のレガリエのドッグフードを、細かく・分かりやすく紹介していきたいと思います!ぜひドッグフード選びの際に参考にしてみてくださいね!

↓押すと下までスクロールします
犬のごはん編集部おすすめはこちら

レガリエの商品を開発した会社情報や創業者の想い

販売会社は?信頼できるの?

 

2019年に販売開始されたレガリエのドッグフードで、オネストフード株式会社が販売しています。

オネストフード株式会社は、実は2018年の7月に創業されたばかりのベンチャー企業になります。元からドッグフード販売をする会社だったわけではなく、2019年の2月に、まずキャットフードの開発・販売から始まりました。

このキャットフードの反響が非常に大きく、同じ年の7月には満を持してドッブフードの販売が開始されたというわけです。

レガリエの最大の特徴は、わんちゃんの健康を徹底的に考えた製品であるということです。

オネストフード株式会社を創業したのは、佐藤淳という方で、「全ての動物とその家族の幸せな生活のために。」という理念を掲げて運営されています。佐藤さんは過去に、EC事業の立ち上げや食品宅配のサービスで有名なオイシックスでも経験しています。ここまで豊富な経験を持つ創業者だからこそ、ベンチャー企業でも信頼ができるのではないでしょうか。

創業者の想い

創業のきっかけは自分のペット

創業のきっかけとなったのは、佐藤さんが野良猫を飼い始めたことだといいます。佐藤さんが拾った野良猫は妊娠していて、すぐに3匹の子猫が生まれてしまいました。

そこから、子猫用のエサを探し始めたのですが、子猫でも食べれるくらい安心で、子猫に必要な栄養がきちんと入っているキャットフードがなかなか見つかりませんでした。

そこで、本当に安心安全なペットフードを自分たちで作ろうという思いに至ったのです。

 

レガリエのメリット

では次に、レガリエのドッグフードのどのポイントが革新的なのか、メリットはどこにあるのかをご紹介します。

国内初のドッグフード

レガリエは、動物の身体や健康に関するプロフェッショナルである、キャヘリエペットクリニックの小林充子院長監修のもと日本初獣医師監修の国産・無添加のグレインフリーのドッグフードになります。

獣医師と共同で商品開発されているため、わんちゃんの健康に良いドッグフード作りにとことんこだわりっていることがわかりますね!

小林獣医師はペットの皮膚に特に知見があり、食事指導を得意とする方になります。わんちゃんを一括りにせず、1匹1匹に合った診療方法を心がけているということです。

穀物を未使用のグレインフリードッグフード

レガリエは、穀物の使用を一切していないドッグフードなのですが、これをグレインフリーと言い、多くのメリットがあると言われています。

たとえば、穀物アレルギーをもつ動物にも与えることができることや、アレルギーになる危険性を下げることが出来ます。わんちゃんにも個体差はありますので、食べ物も慎重にならざるを得ません。

また、炭水化物を消化するのがわんちゃんはすごく苦手なんです(;_;)

なので、グレインフリーはわんちゃんの健康にとって大事なポイントの1つになります!

高い品質の国産素材

生肉

レガリエのペットフードに使われている肉や野菜は、国産のものが多いです。

お肉は鶏肉・鶏レバー・牛肉・様々なお魚が配合されており、鶏肉・鶏レバーとお魚は国産の新鮮なものが使用されています。

鶏肉の生産地は九州産のものが使用されており、高品質であることがわかります!

牛肉はどうしてもコストが高くなってしまうので、ドッグフードの原材料として使われることはあまりないのですが、味がよく食いつきがよくなると評判がいいのと、牛肉には栄養素も多く含まれており、わんちゃんの健康をサポートしてくれます。しかし、牛肉に関してはニュージーランド産またはオーストラリア産のものが使われています。

お魚は、製造工場がある場所に近い金沢港のものを使用しており、季節にあった旬のお魚が配合されているのが特徴です。

また、高い品質を誇るということを最も如実に表しているのは、ヒューマングレードであることでしょう。ヒューマングレードとは、人間でも食べられる品質であるということです。一つも妥協のないことが分かりますね。

製造方法のこだわり

製法にもこだわりがあるそうです!

それは、低温加熱製法というものです。これは、80〜90度という温度でじっくり製造して、栄養素や味を損なわないように保つ工夫になります。

低音加熱製法は製造に時間がかかりますし、さらに見た目にバラつきが出てしまうというデメリットもあります。しかし、それを差し置いても中身の質にこだわったということです。これらのこだわりがある故、賞味期限は9ヶ月と短くなっているのがデメリットでもあると言えますね。

販売方法

先ほど製造方法にこだわりがあり、賞味期限が9ヶ月しかないと説明したのですが、賞味期限が短いので、Amazonや楽天といったショッピングサイトでは購入することができず、直販でのみ扱っています。直販とは小売店などを介さずに、自社のサイトでのみ販売しているということです。

会社の小売店を仲介する商品と違い、ビジョンなどが顧客にダイレクトに伝わるというメリットがあります。レガリエのように、強い信念を持った製品にぴったりの販売方法だと思いますね。

なお、支払い方法はクレジットカードか代引きのみ選択することが可能です。

レガリエのデメリット

犬

では逆に、レガリエのデメリットを見ていきます。これだけ多くのメリットがありますが、完璧な製品というのはありません。惜しいと思う点を挙げていきます。

レガリエは他製品に比べて高価

まず、世間一般的なドッグフードは1ヶ月でだいたい4,500円と言われているのですが、レガリエは1ヶ月でだいたい7,500円程度かかる計算なので、他のドッグフードと比べ、少々お値段が高くなります。

しかもこれは、継続購入者限定のサービス価格です。通常価格は5,480円でして、1ヶ月のかかる費用で考えると一般的なドッグフードの2倍かそれ以上の値段になります( ;∀;)

もちろん、ここまでクオリティにこだわった製品ですから当然といえば当然なのですが、それでもなかなか手が出しにくいことには変わらないですね_:(´ཀ`」 ∠):

しかし、初回に限り、160g(約3日分)を500円のお試し価格で購入することができます。

お試しで定期購入するか決めるのが良い

先ほど、継続購入者は4280円だということをご紹介しました。しかし、単品で購入したい場合は、5480円になってしまいます。

毎日食べるものですから、会社としては継続購入を前提に考えているということでしょう。でもありがたいことに1回目はお試し価格で注文することができるので、継続するか否かをお試し後に判断できます。ずっと使うと決めたなら、絶対に継続購入で注文するようにしましょう。

3回目の注文から送料がかかる

レガリエのドッグフードは、2回目までの注文に限り送料無料で送ってもらうことができます。しかしながら、3回目以降は600円の送料がかかってしまうのです。

とはいっても、2回目までが送料無料ということがかなりのサービスですので、送料がかかる方が当然なのかもしれませんね。なお、3回目以降の注文であっても、同時に2個以上購入することで送料が無料になるという特典があります。要するに、なるべく値段を抑えたいなら、継続購入で同時に2個以上注文することが最善の策ということです。

賞味期限が短い

先ほども少し触れましたが、賞味期限が9ヶ月しかありません。一般的な製品は1〜2年は食べられるものが多いので、比較すると短いことが分かりますね。

しかし賞味期限が短いのは、防腐剤などが使われていないことの証です。

また、ドッグフードが酸化するまでに使いきれるように、1袋850gと少量で分けられているので、買いだめなどしない限り、そこまで気にならないデメリットかもしれません。

レガリエの原材料・含有成分

具体的に、含まれている材料や成分を見ていきましょう。まず内容量ですが、1袋850gとなっています。850gが2袋届くので1.7kgでの値段となっております。

原材料一覧

生肉(九州産鶏肉)、牛肉(ニュージーランドかオーストラリア)、魚金沢港)、鶏レバー(日本)、ジャガイモ(アメリカ)、さつまいも(日本)、ヤシ粉末(フィリピン)、豚油かす(日本)、カツオとマグロの魚粉(日本)、ひよこ豆(アメリカ)、アルファルファ(アメリカ)、ひまわり油(日本)、ごま油(日本)、りんご(日本)、トマト(日本)、醤油(日本)、マグロオイル(日本)、乳清(日本)、脱脂粉乳(日本)、カルシウム粉末(日本)、アミノ酸類、クランベリー(アメリカ)、海草(ノルウェー)、フラクトオリゴ糖(日本)、乳酸菌(日本)、ビタミン類、ミネラル類

お分かりのように、日本産の材料が多く目に付きます。もちろん穀物は含まれておりません。

成分一覧

粗タンパク質(28%以上)、粗脂肪(10%以上)、粗繊維(3%以下)、粗灰分(7%以下)、水分(10%以下)、エネルギー(384キロカロリー/100g)

レガリエの評判・口コミ

SNSやネット上で気になったレガリエの評判・口コミをご紹介いたします!良い口コミ、マイナスな口コミどちらも紹介します。まずは良い口コミからです。

レガリエのいい評判・口コミ

無添加でノンオイルコーティングにもこだわっている点に惹かれました。味も気に入ってくれたようで、よく噛んで食べてくれます。また、室内わんちゃんに最適化されている面もぴったりだと思いました。

以前のフードでアレルギーが出てしまったことから、フード選びにはとても気をつかうようになりました。レガリエは1つ1つ原材料へのこだわりが素晴らしく、おいしさと健康を兼ね備えた理想的な食事だと思います。

年齢が上がってきたこともあり、健康を意識した食事選びを心がけています。レガリエは良質な生肉を使用していることに加えて国産の無添加品ということで、非常に信頼できるフードだと感じました。これからも食事の面からしっかりとサポートしていきたいと思います。

このように、多くの方が品質への信頼を寄せています。なかなか食いつきが悪いワンちゃんでも食べてくれるようになるなど、良い変化が見られるということです。続いて、あまり評価していない方の口コミを見てみましょう。

レガリエの悪い評判・口コミ

定期便だと知らなくて、解約が遅れてしまいました。

これは、販売方法への言及ですね。後述しますが、レガリエは定期便で継続して購入することを前提とした商品です。そのため、知らないうちに定期便で契約してしまい、意図せず商品が送られてくるということも。

レガリエのホームページには定期便と言うことも書いてはいるのですが、みなさんも注意してください

定期で購入しておらず、毎回いちいち住所など入力して購入しないといけないのですごく不便に感じる。せめて、名前を入れたら住所など入れる必要を無くして欲しいな。

ホームページでしか購入できないので、毎回名前や住所などのフォームを答える必要があり、そちらがめんどうという不満もありました。

確かに。毎回だと住所などの情報入力はすごく面倒ですよね。

レガリエの基本情報

レガリエの基本情報

ドッグフードの種類 ドライフード
対応犬種 全犬種対応
内容量 1,700g
初回価格 500円(160g)
定期価格 初回 500円
2回目 4,280円
通常価格 5,480円
原産国 日本
保存方法 直射日光の当たらない、高温多湿を避けて保管してください。開封後は、開封口を必ずジップで閉じて、なるべく早く使い切ってください。
販売会社 オネストフード株式会社
公式サイト https://regalie.jp/shopping/lp.php?p=rdog01&adcd=we8qyhveust&af=fyil

\今なら初回限定お試し価格 500円!/

レガリエ公式サイト

まとめ

ペットの健康を食事から考える

今回は、オネストフード株式会社が開発・販売するレガリエのドッグフードをご紹介しました。改めて要点をまとめると、

【レガリエのメリット】 

  • 国内で初めて、獣医師と共同開発されている 
  • グレインフリーである 
  • 国産の食材ばかりを扱い、高い品質を保っている 
  • 製法と販売方法へ強いこだわりがある 

これらのメリットは、まさに創業者の思いが最大限製品に詰まっていると言えるでしょう。製品クオリティに関しては、申し分がありません。 

【レガリエのデメリット】 

  • 一般的な他製品に比べて割高である 
  • 単品購入だとさらに割高になってしまう 
  • 3回目の注文からは送料がかかってしまう 

デメリットに関しては、お金に関するところが多いです。しかし、安いが品質などが粗悪である商品が氾濫している現代において、適正な価格で安心できるものを買うことは、ある意味では一番の節約なのかもしれません。家族を大事に思ってこそのものですからね。

今や多くの人にとって、わんちゃんはペットを超え家族同然の存在なのではないでしょうか?そんな大事な家族の健康を考える際にまず意識するのが、食事だと思うのです。人間が当たり前のように食事を選び気をつかうように、動物の食事を本気で考えることが当然の時代がきています。時代の先駆者ともいえるレガリエのドッグフードで、家族の健康を管理してあげてください。

\今なら初回限定お試し価格 500円!/

レガリエ公式サイト

犬のごはん編集部が選ぶおすすめドッグフード!

素材に徹底的にこだわるなら…モグワン

編集部のおすすめポイント

☆ヒューマングレードで最高品質の食材を使用
☆小型犬やシニア犬でも食べやすい小粒タイプ
☆初回半額なのでお試しできる
 

口コミを見る 公式サイト 

無添加と食いつきを求めるなら…ブッチ

編集部おすすめポイント

☆ハムのようなウェットタイプで食いつき最高!
☆保存料が無添加なので安心
☆水分量が多いので、内臓の負担が少ない
 

口コミを見る 公式サイト 

グレインフリーにこだわるなら…カナガン

編集部おすすめポイント

☆ヒューマングレードで栄養価は最高ランク
☆高品質なのにコスパがいい
☆小型犬もシニア犬も食べやすい小粒タイプ
 

口コミを見る 公式サイト 

コスパにこだわるなら…ピュリナワン

編集部おすすめポイント

☆リーズナブルで大人気
☆コーヒーで有名なネスレ販売なので安心
☆ほぐし粒で食べやすく、歯に良い!
 

口コミを見る 公式サイト 

ABOUT ME
Ayaka Takahashi
Ayaka Takahashi
現在7歳になるミックス犬のロンさんと暮らしています。以前飼っていた愛犬を病気で亡くしてしまったので、ロンさんにはもう二度とあんな苦しい思いをさせたくないという一心で勉強し、「犬の飼い主検定」や「愛玩動物飼養管理士2級」といった資格を取得しました。 以前はトリマーとして働いていたため、「トリマー1級」の資格も取得し、ワンちゃんの健康維持に役立つグルーミングの知識も身につけています。 トリマーとして働いていた際、私と同じ悩みを抱える飼い主さんがたくさんいらっしゃるということを知ったので、これまでに得た知識を他の方にも役立ててもらいたいと思い、自身の実体験を交えたメディアを作成しました。
【全126種類徹底調査】2019年版総合ドックフードランキング
  • 評判や口コミ
  • 主原料
  • 安全性(肉の品質)
  • グルテンフリー
  • 添加物
  • コスパ

の観点でランキングを作成しました。2019年版の総合ドックフードランキングチェックしてみてください!

 

おすすめドッグフードランキング