こだわり別

愛犬が痩せすぎ?高品質で高カロリーのドッグフードおすすめ10選

愛犬痩せすぎ

みなさんの愛犬は、理想的な体型ですか?愛犬が痩せすぎていると、心配になりますよね(>_<)

肥満は健康によくないといわれますが、痩せすぎにもリスクがあります。痩せすぎていると、免疫力や体力の低下を起こし、病気になりやすくなるため、注意が必要です。

今回は、痩せすぎ対策におすすめの高カロリードッグフードを厳選してご紹介します。「愛犬をもっと太らせたい」「健康的な体型にしたい」と考えている飼い主さん必見です!d( ‘Д’ )

↓押すと下までスクロールします
編集部おすすめドッグフード4選

目次

痩せすぎ?犬の体型指標BCSで適正体型をチェック

わんちゃんの適正体型を知っていますか?まずは、愛犬の体型をチェックしてみましょう(^-^)/痩せすぎな体型に見える場合でも、犬種によっては適正体型ということも考えられます。

わんちゃんの体型は、見た目だけで判断することが難しいため、触って確認してあげるのがおすすめです。「ボディコンディションスコア(BCS)」という体型指標を使えば簡単にチェックすることができます。以下のチェックポイントに従って、愛犬の体の状態をチェックしてみましょう!

「ボディコンディションスコア(BCS)」は、5段階で犬の体型を評価します。

【BCS1】 肋骨、腰椎、骨盤が外から容易に見える。触っても脂肪がわからない。腰のくびれと腹部の吊り上がりが顕著。
【BCS2】 肋骨が容易に触る。上から見て腰のくびれは顕著で、腹部の吊り上がりも明瞭。
【BCS3】 過剰な脂肪の沈着なしに、肋骨が触れる。上から見て肋骨の後ろに腰のくびれが見られる。横からみて腹部の吊り上がりが見られる。
【BCS4】 脂肪の沈着はやや多いが、肋骨は触れる。上から見て腰のくびれは見られるが、顕著ではない、腹部の吊り上がりはやや見られる。
【BCS5】 暑い脂肪におおわれて肋骨が容易に触れない。腰椎や尾根部にも脂肪が沈着。腰のくびれはないか、ほとんど見られない。腹部の吊り上がりは見られないか、むしろ垂れ下がっている。

参照:環境省 飼い主のためのペットフード・ガイドライン

愛犬のBCSはいくつでしたか?体型に合わせて、適切なドッグフードを選び、ごはんの量を調節していきましょう(*^^*)

愛犬が痩せすぎな原因とは

「ちゃんとごはんをあげているのに、なぜ太らないの?」とお悩みの飼い主さんも多いはず。わんちゃんが痩せすぎてしまう原因は、以下の4つが考えられます。

  • フードの栄養価が少ない
  • 消化吸収機能が低下している
  • 運動量が多い
  • もともと痩せやすい犬種、痩せて見える犬種もいる
  • 急激に痩せた場合は病気の可能性も

原因を把握して、痩せすぎ対策を行いましょう(^ω^)

フードの栄養価が少ない

魚系ドッグフード

しっかりごはんをあげているのに痩せすぎてしまうのは、「フード自体の栄養価が少ない」のが原因かもしれません(ToT)

安価なドッグフードは、お買い得ではあるものの、粗悪な原材料で作られていることが多いです。いわゆる4Dミートや肉の副産物など、人間にはとても食べられないような原材料が使用されていることも少なくありません。

犬は本来肉食の動物。愛犬の健康な体づくりのためには、良質な肉を使用しているドッグフードが必要です。フード自体の栄養価が少なければ、わんちゃんにとって必要な栄養素を補給することができません(;_;)

健康的な体は毎日のごはんによってつくられます。安さだけでなく、原材料や成分にも注目してドッグフードを選んでみるのも、痩せすぎ対策の1つの方法です。

消化吸収機能が低下している

消化機能が低下していることが原因で、栄養をうまく吸収できていないということも考えられます。ドッグフードが体質に合っていなければ、せっかく食べても消化不良を起こしてしまい、栄養をうまく吸収できません(>_<)

栄養が体全体に行き渡らない状態が続くと、痩せるだけでなく、免疫低下で病気になりやすくなったり、皮膚や毛が弱ったりする可能性もあります。

とくに、小麦やトウモロコシなどの穀物類が多く含まれているドッグフードには注意が必要です。犬は穀物類をうまく消化することができません。

穀物類不使用のグレインフリードッグフードに切り替えることで、栄養を吸収しやすくなり、結果的に健康的な体型を目指すことができるでしょう。

運動量が多い

わんちゃんにとって、適度な運動は必要不可欠。しかし、運動量が多すぎるとカロリーを消費しやすくなり、なかなか太ることができません。

とくに、走り回ることが好きなわんちゃんは、カロリー摂取量に比べて消費量が多いため、いくら食べても太らないという状態になってしまいがち。

わんちゃんのストレスにならない程度に、運動量を調節してみましょう。食事でのコントロールが難しい場合は、運動量を減らしてみるのもおすすめです(^-^)

もともと痩せやすい犬種、痩せて見える犬種もいる

チワワ

もともと痩せやすい犬種、痩せて見える犬種もいます。チワワやヨークシャーテリア、パピヨンといった犬種は、比較的胃袋が小さく、食が細いため、痩せやすい傾向にあります。

また、イタグレやスルーキーなどの犬種は、痩せているように見えますが、しっかりと筋肉がついていることが多く、ほとんどの場合健康的には問題ありません(´∀`)

もともと痩せやすい犬種や痩せて見える犬種もいるということを知っておくと、過剰に心配する必要もなくなります。

急激に痩せた場合は病気の可能性も

獣医師 犬

「急激に痩せた」「ごはんを食べなくなった」「どんどん体重が減る」など、異常を感じるほど痩せ始めた場合は、すぐに動物病院へ相談しましょう。内臓疾患や体内に腫瘍ができている可能性があります。早めに健康診断を受けることをおすすめします(>_<)

愛犬を健康的に太らせるには?

ドッグフードを食べる犬

痩せすぎているわんちゃんを太らせるには、4つのコツがあります。以下のポイントを押さえて、愛犬を健康的な体型に改善してあげましょう。

  • 高タンパクで高カロリーなドッグフードに切り替える
  • ドッグフードの量を少しずつ増やす
  • 活動量を減らす
  • おやつを与える

高タンパクで高カロリーなドッグフードに切り替える

犬 ごはん

まず、ドッグフードを見直してみましょう。痩せすぎる原因でも紹介したように、ドッグフードの質は、わんちゃんの体づくりに大きな影響を与えます。

良質な原材料を使っているドッグフードに切り替えることで、食が細いわんちゃんでも、しっかりとエネルギーを吸収できるようになります(´▽`)とくに重要なのが、良質な動物性タンパク質。高タンパクなドッグフードは、わんちゃんの健康的な体づくりに必要不可欠です。

さらに、少食なわんちゃんには、高カロリーなドッグフードがおすすめ。食べる量は同じでも、得られるエネルギー量が増えます。高タンパクで高カロリーなドッグフードを与えれば、自然と健康的な体に近づくことができるでしょう。

ドッグフードの量を少しずつ増やす

犬 ドッグフード

ドッグフードの量を増やすのも痩せすぎ対策の1つの方法です。現状よりも量を増やすだけなので、手軽に始めることができます。

ただ、急に量を増やすと、わんちゃんがお腹を壊してしまう可能性も。ドッグフードの量を増やす場合は、便の状態や食いつきを確認しながら、少量ずつ調整しましょう(^^)

活動量を減らす

食事量を増やすのではなく、活動量を減らすという方法もあります。運動量が多いわんちゃんやドッグスポーツをしているわんちゃんは、活動量が多すぎることが原因で太りにくくなっていることが考えられます。痩せてきたなと感じたら、運動をお休みしてみるのもおすすめです(o’∀’)b

おやつを与える

高カロリーなおやつを与えるというのも、痩せすぎ対策におすすめです。ドッグフードの量は変えずに、おやつで摂取カロリーを調整する方法もあります。

簡単に始められて、体重増加も期待できるので、愛犬を太らせたい場合は試してみる価値ありです。カロリー高めなおやつを与えることで、わんちゃんも楽しく体重を増やすことができるでしょう(^_^)

痩せすぎ対策ドッグフード選びのポイント

ドッグフード

痩せすぎ対策ドッグフードを選ぶ際のポイントは、以下の通りです。

  • 良質な動物性タンパク質が豊富
  • ヒューマングレード
  • グレインフリー
  • 高カロリー

愛犬を太らせたい場合は、この4つのポイントに注目してドッグフードを選びましょうヽ(‘∀’*)ノ

良質な動物性タンパク質が豊富

鶏肉

動物性タンパク質は、わんちゃんの骨や筋肉、血管や皮膚をつくるもとになります。タンパク質量が足りていなければ、体重が増えないのはもちろん、皮膚や毛ツヤの状態が悪化する可能性も。動物性タンパク質が豊富なドッグフードを選びましょう(^o^)

動物性タンパク質といっても、原材料に何が使われているかが重要です。安いドッグフードには、4Dミートと呼ばれる「病気になった動物の肉」「死んだ動物の肉」など質の悪い肉が配合されていることがあります。

ドッグフード選びの際は、原材料一覧を見て、動物性タンパク質に何がどれだけ使われているかチェックしましょう。

ヒューマングレード

食材

安全で栄養価の高いヒューマングレードを選ぶのがおすすめです。与えるドッグフードの量を増やしても、それが粗悪なドッグフードであれば、意味がありません。人間が食べられないような危険な原材料が含まれている場合、わんちゃんの健康を害するリスクもあります。

ヒューマングレードのドッグフードなら、人間でも食べられる原材料で作られているため安心。栄養価も高く、わんちゃんの健康を保ちながら、太らせることができます(^_^)

グレインフリー

穀物アレルギー

犬は、穀物類の消化が苦手です。ドッグフードに含まれる穀物類が多いと消化不良を起こし、栄養を吸収しにくくなります。なかには、アレルギーを発症してしまうわんちゃんも。小麦やトウモロコシなどの穀物類が多く含まれているドッグフードはできるだけ避けましょう(>_<)

犬が消化しやすいグレインフリーのドッグフードを与えることで、栄養を吸収しやすくなり、痩せすぎている体型を改善することができます。

高カロリー

痩せ気味なわんちゃんには、高カロリーなドッグフードがおすすめです。とはいえ、安価なドッグフードのなかには、穀物類でカサ増しして、無駄にカロリーを増やしている商品もあるので注意が必要です。

わんちゃんに必要な肉・魚・野菜がバランスよく豊富に配合されている高カロリードッグフードを選びましょう(*^ω^*)

高カロリーで高品質!痩せすぎ対策におすすめのドッグフード10選!

高カロリー、高タンパク、高品質な、痩せすぎ対策ドッグフードを厳選してピックアップしました!愛犬を健康的に太らせたいという飼い主さんは、ぜひ試してみてください(^_^)/

ファインペッツ極

ファインペッツ極

「一生を通じて安心して食べられるフード」がコンセプトの高品質ドッグフード。ヒューマングレードで、愛犬の健康を保つための原料と製造方法にこだわってつくられています。

副産物や添加物は一切使用せず、中国産の原材料も不使用。HACCP規格取得工場で生産されているため、遺伝子組換えや放射性物質のチェックも厳しく行なわれています。

熱に弱い食材は、オーブンベイク製法で栄養を損なわずに加工。鹿肉・鶏肉・鮭肉をふんだんに配合した、動物性タンパク質たっぷりの高タンパク高カロリーなドッグフードです。粒のサイズも約8mm。小型犬から大型犬まで無理なく食べられるサイズとなっています。

通常価格 5,278円
初回お試し 1,000円
内容量  1.5kg
原産国   オランダ

口コミを見る公式サイト

オリジン オリジナル

オリジン

オリジンは、生産地や生産者にこだわり、信頼できる食材のみを使用しているヒューマングレードドッグフードです。動物性たんぱく質を85%も配合しており、わんちゃんも満足の食べ応え抜群の高タンパクドッグフード。本来肉食である犬が本能的に求める食事を再現しています。

ケンタッキー州で放し飼いされた鶏肉や鴨肉、ラム肉やアンガスビーフなど、人間用食材として認定された新鮮な食材をふんだんに使用。生産者の顔がわかるので安心感がありますね。食材はもちろん、製造工程まで全て自社で管理しています。

グレインフリーに加え、血糖値を急上昇・急下降させるジャガイモ等の高GI値食材も一切不使用。自然素材を低温調理で美味しく仕上げた無添加ドッグフードです。

通常価格 6,000円
内容量  2.0kg
原産国   アメリカ

口コミを見る公式サイト

カナガン

カナガン新パッケージ

カナガンは、原材料や製造工程が詳しく明記されているので安心。主原料にはチキンを使用し、骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%とわんちゃんに必要な動物性タンパク質を51%以上配合しています。

チキン自体にもこだわり、ストレスのない環境で飼育したイギリスの最高級チキンを使用。うまみが凝縮されているためわんちゃんの食いつきがいいと好評です。こちらもグレインフリーで無添加なので安心!

タンパク質、ビタミン、リン、セレンといった成分が、わんちゃんの免疫力を高めてくれる高カロリーなヒューマングレードドッグフードです。

通常価格 3,960円
定期価格 3,564円
内容量  2.0kg
原産国  イギリス

口コミを見る公式サイト

モグワン

モグワン

モグワンは、ヒューマングレードの肉・魚・野菜をバランスよく配合。とくに主原料となる「チキン&サーモン」は56%となっており、動物性タンパク質たっぷりでわんちゃんが喜ぶ高タンパクで高カロリーなドッグフードです。

香料や着色料はもちろん不使用。グレインフリーにもこだわり、どんなわんちゃんでも安心して食べられます!またモグワンの工場は、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアしており、製造工程も安心です。ヒューマングレードドッグフードのなかでも人気の高い商品です。

通常価格 3,960円
定期価格 3,564円
内容量  1.8kg
原産国  イギリス

口コミを見る公式サイト

アランズナチュラル

アランズナチュラルドッグフード(ラム)

自然素材のみにこだわってつくられた高品質ドッグフード。グレインフリーにリニューアルしたアランズナチュラルは、より消化吸収しやすくなりました。犬種、年齢関係なく、どんなわんちゃんでも必要な栄養をたっぷり補給することができます。

さらに、人工添加物無添加、ヒューマングレードの原材料のみを使っているのも安心できるポイント。余計なものや危険な成分が配合されていないため、痩せすぎ対策に加え、アレルギー対策をしたいわんちゃんにもおすすめです。

通常価格 3,960円
定期価格 3,563円
内容量  2.0kg
原産国  イギリス

口コミを見る公式サイト

Nutro Supremo 牧場のレシピ 成犬用

ニュートロシュプレモ 牧場のレシピ

ビーフ29%以上と高タンパクなドッグフード。しなやかな筋肉づくりをサポートしてくれます。穀物類不使用で、消化吸収しやすいのもポイント。13種類の厳選自然素材でつくられた、栄養バランスの良いドッグフードです。

合成酸化防止剤や着色料なども不使用。素材本来の旨味が凝縮されているため、食いつきがいいと評判の高タンパクドッグフードです。

通常価格  3,376円
内容量  2.0kg
原産国  アメリカ

口コミを見るAmazon

K9ナチュラル ラム・フィースト

栄養たっぷりな生ラム肉を90%以上使用。動物性のタンパク質主体の高タンパクドッグフードです。原材料の加工を最小限に抑え、非加熱で製造しているのが特徴。新鮮な原材料をフリーズドライにしているため、素材の栄養をそのまま摂取できるのが魅力です。

良質なタンパク質や天然のビタミンやミネラル、カルシウム、酵素などをバランスよく吸収することができます。

Amazon価格  6,107円
内容量  500g×4袋
原産国  ニュージーランド

Amazon

ネルソンズ

ネルソンズ

中型・大型犬におすすめのヒューマングレードドッグフード。中型・大型犬でもしっかり噛める大きめサイズです。原材料の約50%が動物性タンパク質で、わんちゃんに必要な栄養がたっぷり含まれている高カロリードッグフード。

主原料はチキンとなっており、穀物類一切不使用のグレインフリー 。製造工場も欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の基準をクリアした施設なので安心です。

通常価格 7,800円
定期価格 6,630円
内容量  5.0kg
原産国   イギリス

口コミを見る公式サイト

ブッチドッグフード

ブッチ

ブッチドッグフードはチルドタイプのフード。ドライフードより水分量が多く、ハムのような弾力が特徴。風味や栄養価が高いのがチルドタイプのフードメリットです。生肉と同じ70%の水分量を含んでいるため消化吸収が早く、内臓への負担も軽減します。

水分量が多いドッグフードは、保存料などの添加物が多いイメージですが、ブッチドッグフードは人工添加物不使用。人間と同様の厳しい基準をクリアしたチキン・ビーフが主原料となっている、安全で健康的なヒューマングレードドッグフードです。

通常価格 2,808円
定期価格 2,527円
内容量  2.0kg
原産国   ニュージーランド

口コミを見る公式サイト

エッセンシャルドッグフード

エッセンシャルドッグフード

お魚好きなわんちゃんにおすすめ。動物性タンパク質にお魚と卵のみを使用したドッグフードです。お魚の含有率が、原材料全体の77%と高タンパク。DHAやEPA、オメガ3・オメガ6脂肪酸などの栄養素をたっぷり含んでいるため、健康的に体重を増やすことができます。

チキンや豚、牛など、お肉にアレルギーを持つわんちゃんにも最適なドッグフードです。他の原材料も安心のヒューマングレード。人工添加物無添加で、グレインフリーと高品質なドッグフードとなっています。

通常価格 4,280円
定期価格 3,638円
内容量  1.8kg
原産国   イギリス

口コミを見る公式サイト

痩せすぎ対策ドッグフード比較表

痩せすぎ対策におすすめのドッグフードを比較してみました!

  容量 料金 カロリー
ファインペッツ極 1.5kg 通常5,278円
初回1,000円
422kcal
オリジンオリジナル 2.0kg 6,000円 394kcal
カナガン 2.0kg 通常3,960円
定期3,564円
361kcal
モグワン  1.8kg 通常3,960円
定期3,564円
344kcal
アランズナチュラル 2.0kg 通常3,960円
定期3,563円
339kcal
Nutro Supremo 牧場のレシピ 2.0kg 3,376円 370kcal
K9ナチュラル
ラム・フィースト
2.0kg 6,107円 572.5kcal
ネルソンズ 5.0kg 通常7,800円
定期6,630円
362kcal
ブッチドッグフード 2.0kg 通常2,808円
定期2,527円
121.4kcal
エッセンシャルドッグフード 1.8kg 通常4,280円
定期3,638円
358kcal

※カロリーは100gあたり

痩せすぎ対策の注意点

痩せすぎ対策は、わんちゃんの様子を確認しながら行う必要があります。健康的に太らせるためにも、2つの注意点に気をつけましょう。

  • ドッグフードの量を急に増やさない
  • 急激な変化がみられた場合は動物病院へ

ドッグフードの量を急に増やさない

ドッグフード計量

太らせたいからといって、急激にドッグフードの量を増やすと、わんちゃんがお腹をこわしてしまう可能性があります(ToT)

逆に食が細くなったり、消化不良で下痢を起こしたりするリスクがあるため、ドッグフードは少量ずつ増やすようにしましょう

食欲不振や急激な体重変化がみられた場合は動物病院へ

犬と病院と獣医師

食欲不振や急激な体重変化は、病気によって起こっている可能性もあります。痩せすぎていること以外に変わった症状はないかしっかりチェックしましょう。

愛犬の健康状態を観察して、異常を感じた場合は動物病院を早めに受診することをおすすめします。

痩せすぎ対策ドッグフードまとめ

今回は、愛犬を健康的に太らせたい飼い主さんにおすすめの「痩せすぎ対策ドッグフード」をご紹介しました。愛犬の健康的な体づくりには、良質なドッグフードが欠かせません。

愛犬の体の状態をしっかり確認し、ドッグフード選びやごはんの量、運動量などを調整してあげましょう!(^-^)

いぬなび編集部が選ぶおすすめドッグフード!

素材に徹底的にこだわるなら…モグワン

モグワン

編集部のおすすめポイント

☆ヒューマングレードで最高品質の食材を使用
☆小型犬やシニア犬でも食べやすい小粒タイプ
 

口コミを見る公式サイト

無添加と食いつきを求めるなら…ブッチ

編集部おすすめポイント

☆ハムのようなウェットタイプで食いつき最高!
☆保存料が無添加なので安心
☆水分量が多いので、内臓の負担が少ない
 

口コミを見る公式サイト

グレインフリーにこだわるなら…カナガン

カナガン

編集部おすすめポイント

☆ヒューマングレードで栄養価は最高ランク
☆高品質なのにコスパがいい
☆小型犬もシニア犬も食べやすい小粒タイプ
 

口コミを見る公式サイト

コスパにこだわるなら…ピュリナワン

ピュリナワンドックフード

編集部おすすめポイント

☆リーズナブルで大人気
☆コーヒーで有名なネスレ販売なので安心
☆ほぐし粒で食べやすく、歯に良い!
 

口コミを見る公式サイト

ABOUT ME
いぬなび編集部
いぬなび編集部
現在7歳になるミックス犬のロンさんと暮らしています。以前飼っていた愛犬を病気で亡くしてしまったので、ロンさんにはもう二度とあんな苦しい思いをさせたくないという一心で勉強し、「犬の飼い主検定」や「愛玩動物飼養管理士2級」といった資格を取得しました。 以前はトリマーとして働いていたため、「トリマー1級」の資格も取得し、ワンちゃんの健康維持に役立つグルーミングの知識も身につけています。 トリマーとして働いていた際、私と同じ悩みを抱える飼い主さんがたくさんいらっしゃるということを知ったので、これまでに得た知識を他の方にも役立ててもらいたいと思い、自身の実体験を交えたメディアを作成しました。
【全126種類徹底調査】2019年版総合ドックフードランキング
  • 評判や口コミ
  • 主原料
  • 安全性(肉の品質)
  • グルテンフリー
  • 添加物
  • コスパ

の観点でランキングを作成しました。2019年版の総合ドックフードランキングチェックしてみてください!

 

おすすめドッグフードランキング